運営・経営

整骨院を売却する前にやるべきこと

整骨院を売却する前にやるべきこと

整骨院を売却する前に必ずやらなければいけないことがあります。

それは

整骨院の売上を拡大し利益を拡大すること

です。

なぜ利益も出てるのに売らなければならないんだ・・・と思う人は恐らく「赤字」の店舗をお持ちの方でしょう(『利益が出ている整骨院店舗を売却する理由』)。

もしくは今後の整骨院業界の見通しが甘いのかもしれません。

これからの整骨院業界の変化に無策で立ち向かおうとしている人は、仮に利益が今出ているとしても持ちこたえるのは難しいでしょう(『これからの整骨院業界の5年後を予測する』)。

ここ最近、極端に「整骨院を売りたい」という問い合わせが増えてきています。

しかし、その大半の売却理由は「赤字経営で不要だから」です。

そんな方には商売の基本を思い出して頂きたいと思います。

それは、

いらないものは誰もいらない

ということです。

もしくは、

一般的にいらない人が多いものは売れても安い

ということです。

当然誰も、不良品や、B級品、欠陥品などを買う人はほとんどいません。

そのため購入金額が極端に安くなってしまうのは当然の成り行きです。

>次のページ:整骨院の売却を考えているなら事業売却(M&A)以外の選択肢はない

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院経営者がなぜ資金ショートに陥りやすいのか
整骨院店舗経営の節税方法を知っていますか? ~不動産の購入を活用~
整骨院店舗を開業・経営する上で最も重要なこととは
整骨院店舗の経営者向けコンサルティング【月次】なら整骨院経営.com
整骨院業界が忘れてしまっている不正による悪影響
整骨院経営に休日など作っている暇はない

最新記事のチェックにフォローしよう