運営・経営

これからの整骨院における初期費用の考え方

これからの整骨院における初期費用の考え方

整骨院経営を考えた時、整骨院開業時の初期費用は大きな問題となります。

一口に整骨院の開業といっても、施術者の技術や思い、事業性によって必要な備品は全く異なっています。

そこから、ターゲットとなる患者を決定し、それらの患者へ整骨院の情報を届ける方法を考えなければなりません。

いわゆる整骨院の明確なコンセプトを作った上で費用を算出しなければ、初期費用の投資回収に時間がかかり事業性が損なわれます。

ひどい場合には回収できない自体も発生するでしょう。

整骨院経営はある意味、

初期費用の投資回収時期を早められるかどうか

に成功の可否が決められます。

いわゆる損益分岐点というやつです。

>次のページ:整骨院を経営するなら初期費用を考える前にやるべきことがある

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗の廃業のやり方は3つと考えたことがありますか?
整骨院店舗を居抜きで売却する時に大切なこと
整骨院店舗の売上が赤字なのに現金留保する方法を知っていますか?
小さな整骨院でも事業売却(M&A)ができるって知ってた?
整骨院の売却は専門家以前に経験者にせよ。
整骨院店舗経営の節税方法を知っていますか? ~不動産の購入を活用~

最新記事のチェックにフォローしよう