整骨院経営コンサルティング

10坪/ベット4床 5年間で粗利1億円を稼ぐ整骨院/接骨院/治療院の創り方

突然ですが質問です。

あなたはやりたくて整骨院・接骨院・治療院を経営していますか?

失礼な質問申し訳ありません。申し遅れました、「整骨院経営.com」を運営しております、大竹一彰と申します。

上記のような質問をしたのには理由があります。それは、私自身が治療院を経営していて感じ続けていたことだからです。

これは決して経営的にうまく回っていなかったということではありません。実際、東京にて3店舗の経営を行い、各店舗において70人/日、患者様が来院する治療院に育てあげることができました。

しかし、先ほど質問した内容が頭を離れることはありませんでした。それは経営の相談にくるオーナーの方々から感じていたことでもあり ました。

ちなみに今はどうなのか・・・というと3店舗経営していた治療院をすべて売却し、自身の生きる土台を作ってくれた「野球」に関わる 事業に携わりながら、整骨院・接骨院・治療院の経営コンサルティングを行っています。

つまり、先ほどの質問の解決策を見つけ出したわけです。そのノウハウこそが、「10坪/ベット4床 5年で粗利1億円を稼ぐ 整骨院/接骨院/治療院の創り方」です。

あなたは何に悩んでいますか?

あなたは今、以下のようなことに悩んでいませんか?

・収入面が思ったより低い
・沢山の患者さんを決まった時間の中で施術していく単調な日々
・一人一人の患者さんを丁寧に施術したくても経営的側面を見れば数をこなさなければならない ・スタッフが思ったように育たない
・スタッフの社会保険料の支払いが膨大
・お客さんが集まらない
・毎年毎年じり貧が続いて先行きが不安
・レセプトの項目に不安がある
・新しい動きをしようにも時間が足りない
・整骨院の経営が自分のやりたいことなのか悩んでいる
・ブラック企業を脱したい
・療養費委任払い制度には無理があると気づいているが他に打つ手がない
・レセプトの返戻が増えて悩んでいる
・治療事実の患者照会が増えてきていて悩んでいる
・健保組合によって、整骨院に保険証を使うことを禁止しているところが増えてきており、今後の先行きが不安
・診療報酬が国の裁量によって左右されているので先行きが不安
・保険診療が中心の中、自費診療を押し出すのが怖くて不安
・患者さんが整骨院のことをよくわかっていない
・夢みた開業がこんなはずではなかったと思えてきた
・スタッフに技術だけ盗まれて辞められる
・競合が増えることでの不安
・コンビニより多い整骨院、今後も増え続けるとパイの食い合いになるのではないかと不安

この悩みの一覧というのは、何も想像で記しているわけではありません。これは私が治療院の経営時代に一つ一つ悩んでは解決してきた悩みの一覧です。

一つ悩みを解決すれば次に何か現れ、いたちごっこの毎日をしていたことを思い出します。そして考え続けました。これらをすべて解決する方法がないのかと。

そして悩み続けて行き着いたものこそ「10坪/ベット4床 5年で粗利1億円を稼ぐ整骨院/接骨院/治療院の創り方」です。

このノウハウは、上記の全ての悩みを解決してしまいます。すべて実証済みのノウハウばかりです。

当然のことながら、これから開院の目指されている方と、現在経営中の方ではやり方は多少ことなるところがあります。

しかし、それらをも包み込んだノウハウこそが「10坪/ベット4床 5年で粗利1億円を稼ぐ整骨院/接骨院/治療院の創り方」です。

現在、経営をされている方であれば、この規模感で粗利1億円を残すことができれば、初期経費やリスクがかなり低いく、そのリスクに対しては利益の残り方も大きいということをご理解頂けると思います。

この規模感というのは、私の経験からくる絶妙の規模感で、これ以上稼ぎにいくとまた別のリスクが発生してしまい、悩みのタネを増や してしまいます。

何十億もの利益をもたらすものではありませんが、5年間をかけて1億円の粗利をローリスクで稼ぎ出すノウハウがあれば知りたくはありま せんか?

私は自身で実践し、次のステージへと進んでいます。

よくある売上UPや集患・集客方法といったテクニック論ではなく、根本的な所から一般的な整骨院・接骨院・治療院とは異なります。

お問合せは以下の画像をクリック。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

利益を1億円稼ぐ整骨院店舗とはどのような整骨院なのか
雇用するリスクについてちゃんと理解していますか? ~利益を生み出す雇用は難しい~
不正するぐらいなら事業売却して粗利1億円稼いで完全自費型の治療院経営でしょ。
女性の柔道整復師だから開業できる整骨院経営
整骨院店舗経営の節税方法を知っていますか? ~小規模企業共済の活用~
整骨院店舗経営の節税方法を知っていますか? ~不動産の購入を活用~

最新記事のチェックにフォローしよう