お悩み相談

整骨院経営は副業で開業するのが主流になる時代がくる

整骨院経営は副業で開業するのが主流になる時代がくる

柔道整復師や鍼灸師は医療系国家資格取得者です。

しかし、そんな国家資格であっても、整骨院や鍼灸院に務めていると、思い通りの給与がもらえず、開業資金の貯金はもとより、人としての生活も圧迫されてしまいます。

その結果、多くの有資格者が業界を離れ、一般会社員として働く人が多い現実が存在しています。

同時に、一度は離れてしまった業界とはいえ、開業したい気持ちが捨てられずにいる方々が多いのもまた真実です。

そんな方には朗報です。

それは、

これからの整骨院経営はサラリーマンをしながら整骨院を開業できる業界になる

ことです。

会社員をしながら、収入を落とすこともなく、初期費用を実質0円で整骨院を開業できます。

また、借り入れた初期費用の返済を不要にし、開業後もゆっくり事業を進めていくことができる方法があります(『整骨院経営者向け自己資金不要・返済不要の開業資金調達方法』)。

そして、開業後も返済に追われることがない利点を最大限に活かし、整骨院店舗の「週末開業」を行えるため、副業として整骨院の経営が可能です。

施術所用に物件を取得し、会社勤務の終了後と土日のみ開ける整骨院を作り、軌道に乗ってから会社を辞めるという方法を選択することができます。

最大のポイントは、自己資金が不要で開業できて、その費用が返済不要という方法をとることです。

反対に言えば、既に整骨院を経営している柔道整復師にとっては危機が訪れます。

ただでさえ飽和してしまった業界に、特徴的な個性を示す整骨院や治療院がまだまだ出現してきます。

事業構造の何らかの変化を行わなければ、これからの激変の時期は乗り切れないでしょう。

事業転換のハジマリは事業売却(M&A)がおススメです(『整骨院経営を事業売却(M&A)するなら今しかない』)。

自己資金が不要で返済不要の開業資金の調達方法が知りたい方は、弊社までお問合せください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い複数の事業を立ち上げながら整骨院専門の経営コンサルタントとして活動しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

これからの整骨院経営を考えるなら整骨院の名前を捨ててみる
整骨院を開業したら一番にやるべきこと
整骨院経営で自費治療を導入したかったらやるべきこと
これからの整骨院経営の理想形はとにかく小さく
10時から仕事を始めて16時には終わる柔道整復師の生き方
整骨院を開業するということは「経営者」になるということ

最新記事のチェックにフォローしよう