お悩み相談

整骨院経営を事業売却(M&A)できない人が考えること

整骨院経営を事業売却(M&A)できない人が考えること

整骨院経営を「事業売却(M&A)」したいけど、踏み切れないという人の相談を良くうけます。

事業売却(M&A)の有効性は、整骨院経営.comでの記事でご理解頂いている方が大半です(『整骨院経営を事業売却(M&A)するなら今しかない』)。

では、それでも尚、事業売却(M&A)に踏み切れない人の悩み事とは何でしょうか。

それは、

整骨院の事業売却(M&A)後に収入がなくなる

ということです。

確かに一時的にキャッシュを得たとしても、整骨院しか経営していない人であれば、翌月から定期的な収入がなくなることになります。

しかし、これはあくまで考え方の問題です。

人間は、

「環境を変える」、「新しいことを始める」、「新しいものを受け入れる」といった「変化」に対して、「恐怖」を感じる生き物

です。

知らなければ知らないほど、ハードルが高ければ高いほど、未経験であればあるほど行動することができなくなっていきます。

そのため「事業売却(M&A)」をしたことがない「柔道整復師」が「事業売却(M&A)」を決断することは大きな恐怖を抱いてしまいます。

「事業売却(M&A)したあとはどうなるのか?」、「事業売却(M&A)後の保障はあるのか?」などの恐怖が付きまといます。

その「恐怖」と闘うくらいなら、今のままでも特に居心地が悪いわけではないからそのままでいいや・・・と思う方々が大半です。

私も同様の経験をしたので理解できます。

しかし、それでは夢は叶いません。

自分に正直に、「自分が何を理想に生きてきたか?」、「何を理想にしていきたいか」という答えは分かっているはずです。

その理想に反して今を生きていくことは「不健康」な状態です。

その不健康を脱出するために、今を変えて行く勇気が必要です。

「五十肩」の患者を保険を使わず診ている整骨院は全国にいくつあるでしょう。

「肩こり」、「腰痛」の患者を断る、もしくは正規通り「自費」で施術している整骨院は全国にいくつあるでしょう。

1%もないのではないでしょうか。

これらが厳密には不正であることを皆理解しています。

「自分が理想としてきたことはあるけれど、現実はそうではない!」と思っている「柔道整復師」がいるのであれば、私は理想を追求することをお勧めします。

その先に夢が待っていると思うからです。

「健康」が待っていると思うからです!

>次のページ:現実的に考えても事業売却(M&A)以外の選択肢がなくなってきている

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院経営に事業転換の時期が来ています
整骨院の経営は労働対価が悪い業界だと理解していますか?
整骨院店舗の自転車操業の経営から抜け出す方法を知りたくないですか?
整骨院を経営するのに資格はいらないとお気づきですか?
これからの整骨院経営を考えるなら整骨院の名前を捨ててみる
人気の整骨院を経営するという過酷さを知っていますか? ~整骨院店舗を事業売却するという考え方~

最新記事のチェックにフォローしよう