お悩み相談

整骨院経営を事業売却(M&A)する時の注意点

整骨院経営を事業売却(M&A)する時の注意点

整骨院経営.comでは、これからの整骨院業界を考えれば整骨院の事業売却(M&A)をおススメしています。

おススメしている理由は他の記事に譲るとして(『整骨院経営を事業売却(M&A)するなら今しかない』)、本日は事業売却(M&A)する際の注意点について記していきます。

整骨院店舗を事業売却(M&A)することができれば、まとまったお金を手に入れることができます。

そしてその売却益を利用して、新たな事業展開が可能になるというメリットがあります。

しかし同時に、大きなお金が動くときには最新の注意を払わなければいけないことが必ずあります。

最も注意しなければいけなこととは、

事業売却(M&A)の金銭の受渡方法

です。

事業売却(M&A)は分割購入等も交渉によって可能です。

それは、相手が購入資金を所持しているのか、融資を受けた上で購入を考えているのかといった相手先企業の状況によって変化があります。

>次のページ:整骨院を事業売却(M&A)する時の相手企業による支払基準

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

マッサージ程度の施術をする整骨院が増え続ける理由
整骨院店舗を事業売却(M&A)する時にも大切なのはいつも「人」
これからの整骨院は300万円で開業して年商は3000万円を目指せ
通常の整骨院経営なのに当月分の保険報酬を当月中にもらう方法
整骨院経営の数字を税理士に任せると潰れます。
整骨院を経営するなら倒産した時のことを考えていますか?

最新記事のチェックにフォローしよう