お悩み相談

整骨院経営者が今考えなければいけないこと

整骨院経営者が今考えなければいけないこと

整骨院経営者がこれからの時代に必ず考えなくてはいけないことがあります。

それは

他業種への進出

です。

経営を一般的に考えると、何十年も継続する業態は限りなく少ないものです。

整骨院業界が他業種に参入するとすれば、「介護事業」に参入する程度で、状況的には危機的だと言えます。

なぜなら、整骨院業界はこれから激動の時期に突入していきます(『これからの整骨院業界の5年後を予測する』)。

整骨院が乱立し、不正の取締が厳しくなり、「医療費」が削減される方向性は止まることはないでしょう。

整骨院業界が介護に参入し、「介護保険」を使うようになったものの、この「介護保険」も「健康保険」のような結末になる時代も考えられます。

結局のところ、整骨院業界は保険を利用したビジネスモデルしか展開できていません。

保険を事業の柱にすると国の決定で大きく左右されてしまいます。

そして、その保険も最終的には医師免許を持った大きな病院などに集約されていくでしょう。

つまり、

現代の医療機関の中で生きているには圧倒的な技術力で完全自費型の治療院を経営すること

以外ありません。

完全自費型の治療院を創ることも柔道整復師の在り方を考えれば自然な流れなので一つの大きな手であることは間違いありません(『整骨院経営が完全自費型に向かうのは柔道整復師の必然』)。

とはいえ、整骨院業界の延長線上でもあるため、あえて近い業界でやるだけが経営ではありません。

やるかやらないかは別にしても選択肢として考えることが重要でしょう。

>次のページ:整骨院経営者で業界の不安定さに気づく人が続出中

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院を開業するということは「経営者」になるということ
整骨院経営には売上よりも現金が大事だと理解すること
これからの整骨院業界の保険制度はどうなるのか
あなたは本当に整骨院店舗の経営が好きですか?
整骨院経営の課題は「薄利多売」を辞められるか
整骨院を経営するなら倒産した時のことを考えていますか?

最新記事のチェックにフォローしよう