お悩み相談

整骨院経営で自費治療を導入したかったらやるべきこと

整骨院経営が自費治療メニュー中心になるのは当たり前

これからの整骨院経営を考えれば、自費治療の売上に占めるウエイトを増やすことが最も大切なテーマです。

そんなことは、大半の整骨院経営者が気づいていることです。

今後、療養費が削減、もしくは実質的に使い物にならない時代が来ることは明白です(『療養費委任払い制度が使い物にならなくなる日は近い』)。

そして、整骨院が乱立したことで患者の奪い合いが起きています。

その結果、客単価は下がり、平均の来院数も減少している整骨院が大量に現れています(『整骨院の経営は労働対価が悪い業界だと理解していますか?』)。

そんな整骨院業界で生き残りを考えれば「自費治療の導入」に行き着くのは必然でしょう。

顧客である患者も減少し、頼みの綱の保険料まで減少するなら、患者の単価を上げるしか経営していく方法はありません。

そのため、多くの整骨院経営者が自費治療の導入を検討し、実際に導入して生き残りをかけているもののあまり成果は出ていないようです(『整骨院の自費治療が失敗に終わっていく理由はシンプル』)。

では、どのように自費治療をメインとした整骨院を創っていけばいいのでしょうか。

>次のページ:整骨院経営における自費治療メニューの導入方法

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院を事業売却(M&A)するために必要な4つのこと
整骨院経営が資金ショートしやすい理由
整骨院は開業から5年間で粗利1億円ぐらいは稼げます。
柔道整復師として言ってはいけないこと
整骨院を開業したら休めない
これからの整骨院経営の理想形はとにかく小さく

最新記事のチェックにフォローしよう