お悩み相談

整骨院店舗を事業売却(M&A)するといくらになるのか

整骨院店舗を事業売却(M&A)するなら今しかない

整骨院の事業売却(M&A)を行った経験がある方はほとんどいないでしょう。

しかし、今やある意味では整骨院の事業売却(M&A)が流行になりそうな気配が漂っています(『整骨院を事業売却(M&A)するなら今しかない理由』)。

あと数年もすれば一般的な経営手段になっているでしょう。

整骨院業界における今後の方向性を考えれば、このタイミングでの事業売却(M&A)に勝る経営手法は存在しないでしょう。

そんな事業売却(M&A)で、あなたの整骨院が実際いくらで売れるのかが最初に気になるポイントでしょう。

本日はそんな声にお応えしてあるケースにおける事業売却金額のケーススタディをお伝えしたいと思います。

あなたの整骨院に置き換えて考えてみてください。

ただし、現時点での相場観で、今後これ以上に状況がよくなることはないと思って読んでください。

いつまで、現時点での相場観が続くかは国の方針次第でしょう。

>次のページ:整骨院店舗の事業売却(M&A)の売却額ケーススタディ

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院経営者が従業員の顔色を気にし始めたら事業売却(M&A)
人気の整骨院を経営するという過酷さを知っていますか? ~整骨院店舗を事業売却するという考え方~
整骨院経営の売上を伸ばす方法は1つだけ
整骨院でせっかく働くのだからスペシャリストを目指しましょう ~治療家スペシャリストの目指し方~
整骨院経営を事業売却(M&A)する時の注意点
整骨院経営は費用対効果が悪い業界

最新記事のチェックにフォローしよう