お悩み相談

整骨院経営の開業資金調達も難しくなってきている

整骨院経営の開業資金調達も難しくなってきている

最近では、整骨院業界に明るい話題がなくなってきたように感じます。

昔であれば、整骨院に勤務し、技術研鑽しながら開業資金をためていたかもしれませんが、どこの整骨院も余裕がなくなってきています。

さらに、技術を学ぼうとして功名な先生のいる整骨院で勤務するともはや「丁稚奉公」のような待遇で、給与などまともにもらうことはできません。

また、もらえたとしても生活できないくらいの金額なので、開業するための貯金など夢のまた夢です。

つまり、

整骨院業界には慢性的な「飼い殺し体質」

が出来上がっています。

開業を夢見て、技術を習得しようと就職したが整骨院勤務が、現実では、開業できるだけの技術も得られず、開業資金もたまることなく、だらだらと安月給で働き続けてしまっている人が多く存在する業界です。

いわゆる最近はやりの「ブラック企業」の典型でしょう。

>次のページ:これからの整骨院経営には割り切る勇気が大切

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院業界を外の世界から眺めるススメ
マッサージ程度の施術をする整骨院が増え続ける理由
整骨院経営を事業売却(M&A)するなら今しかない
整骨院を開業したら一番にやるべきこと
第10回柔道整復療養費検討専門委員会に関して整骨院経営.comが思うこと
整骨院の不正はお金を得ても大事なものを失っている

最新記事のチェックにフォローしよう