自費治療

整骨院の経営を良くしたいなら「技術」なんて磨いてる場合ではない

整骨院の経営を良くしたいなら「技術」なんて磨いてる場合ではない

整骨院を開院して間もない頃は、なかなか患者が来院しません。

そんなことは当たりまえなのでショックを受けているのなら気にする必要はありません。

得体の知れないところに、ホイホイ行くような人はなかなかいません。

そんな時、大半の柔道整復師は「技術が足りない・・・」と考えるでしょう。

しかし、はっきり申し上げます。

整骨院は技術なんて磨いても患者はこない

整骨院の経営に「技術」が必要な時代は終わりました。

「技術」を追及した柔道整復師としての生き方がしたいのであれば、わざわざ「整骨院」という看板を使う必要はありません。

なんなら「整骨院」の看板が邪魔になる時代すら考えられます(『これからの整骨院業界に柔道整復師の資格はいらない?!』)。

本題に戻って、整骨院の経営をお考えなのであれば、「技術」は頭からいったん全てを消しましょう。

経営状態を改善させたいのであれば、技術なんて磨くのは辞めて患者が何を求めているのか考えてみましょう。

>次のページ:これからの整骨院経営は技術よりも告知力

自費治療の関連記事

Contents Menu

整骨院経営におけるリピートの本来の意味を考えよう。
整骨院店舗の自費治療メニューのウェイトの増やし方
自費治療移行するぐらいなら事業売却しましょう。 ~整骨院店舗の事業売却のススメ~
整骨院経営は交通事故の自賠責保険患者・スポーツ外傷・日常外傷に集約される ~柔道整復師の本来の在り方~
整骨院の自費治療が失敗に終わっていく理由はシンプル
整骨院の自費治療移行に隠されたワナ ~自費移行する前にやるべきこと~

最新記事のチェックにフォローしよう