運営・経営

整骨院の経営について考えてみる

整骨院の経営について考えてみる

一口に整骨院経営といっても形態は様々です。

大きく分ければ、個人事業で行なっている人、何かしらの法人を作って経営をしている人がいます。

しかし、経営という観点で言えば、目指すべきことは一つしかありません。

それは、

利益を出すこと

です。

利益が出ていれば、何かの問題があっても解決策を見つけることができますが、利益が出ていなければ、どんなに素晴らしい技術であっても経営を続けることはできません。

とくに最近では、整骨院の乱立や保険制度の改変などにより、経営状況の二極化が進んでいます。

つまり、

うまく行っている整骨院とうまくいっていない整骨院の差が広がっているということ

です。

では、この両者の違いは何でしょう。

この違いを知れば、今後の整骨院業界の渡り方が見えてくるので、整骨院経営者としては何らかの答えを持っていなければなりません。

>次のページ:整骨院業界が二極化している要因

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院経営は技術があれば食べていけるというのは嘘
整骨院経営者向け自己資金不要・返済不要の開業資金調達方法
整骨院経営者がこれからの時代に考えなければいけないこと
黒字経営だからこそ事業売却(M&A)するという考え方
整骨院経営の最大の鬼門である「雇用問題」から逃げないようにしましょう。
整骨院経営の広告規制が変わったことにお気づきですか?

最新記事のチェックにフォローしよう