お悩み相談

これからの整骨院経営を考えるなら整骨院の名前を捨ててみる

これからの整骨院経営を考えるなら整骨院の名前を捨ててみる

整骨院事業の二極化が拡大してきました。

どういった二極化と言うと、

経営が大変になる経営者と経営が順調になっていく経営者の格差が広がる

という状態です。

どちらの経営者もさまざまな意見を持って、激動の整骨院業界のなかで生きていると思います。

しかし、ここからさらなる業界の変化が訪れることを考えれば、今まで通りの経営方法ではいけません。

今後の作戦として考えられるものの一つを本日はご紹介したいと思います。

それは、

整骨院の看板を下ろす

という方法です。

とはいえ、これまで何十年も培ってきた大切な技術を捨てようと言っているわけではありません。

では、整骨院経営.comのいう「整骨院の看板を下ろす」とはどういうことを意味しているのでしょうか。

>次のページ:整骨院を名乗る経営的なメリットが薄れている

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院経営で自費治療を導入したかったらやるべきこと
整骨院経営者が従業員の顔色を気にし始めたら事業売却(M&A)
整骨院店舗の居抜き売却と事業売却の実状
柔道整復師として勤務する優良な整骨院の基準とは?
不正が当たり前の業界で働きたい人間なんていない ~整骨院業界に不正がはびこる理由~
整骨院を経営しているという自覚はありますか?

最新記事のチェックにフォローしよう