お悩み相談

通常の整骨院経営なのに当月分の保険報酬を当月中にもらう方法

通常の整骨院経営なのに当月分の保険報酬を当月中にもらう方法

保険治療をメインとした整骨院経営を開業した時、最初に訪れる困難は開業後半年間の資金繰りです。

単純に立上げ当初からまとまった患者を集患することが難しいとい事実もありますが(とは言え方法はあります)、その大きな原因を創っているものがあります。

それは

保険報酬が入るまでタイムラグがあること

です。

開業1~2ヶ月目に手に入る「現金」は、窓口負担分しかありません。

このタイムラグを解消する方法として有名なのが、

保険請求代行業者や各協会を利用すること

です。

しかし、この方法は、代行する会社の倒産リスクが高く、あまり現実的ではなかったというのが実情です。

とはいえ、時代は進んで来ました。

悪徳まがいの業者が乱立していた保険請求代行業者に大企業が乗り出し始めます。

この企業がつぶれる時は、整骨院業界自体が崩壊している状態と言っても過言ではありません。

つまり、倒産リスクを考える時は整骨院業界から手を引くときです。

これから「整骨院経営.com」では該当企業とタッグを組んで参りますので、知りたい方は弊社のコンサルティングを受けてくださった方にはお伝えします(問合せ方法は後述)。

>次のページ:整骨院の保険請求代行の効果的な使い方

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院の不正請求・水増請求は損保会社も国の機関も知っている。
整骨院経営に保険治療は必要ない
整骨院経営者が従業員の顔色を気にし始めたら事業売却(M&A)
整骨院経営の売上を伸ばす方法は1つだけ
整骨院を経営したら思ったような施術なんてできなくて当たり前
整骨院でせっかく働くのだからスペシャリストを目指しましょう ~治療家スペシャリストの目指し方~

最新記事のチェックにフォローしよう