運営・経営

整骨院店舗の売却サポートなら整骨院経営.com

整骨院店舗の売却サポートなら整骨院経営.com

整骨院業界が激変の時期を迎えています(『これからの整骨院業界の5年後を予測する』)。

「整骨院経営.com」では、整骨院店舗の売却サポートを支援しているため、整骨院店舗の売却状況を見ていれば、どのように整骨院業界が動いているのか肌で感じ取ることができます。

現在、整骨院店舗を売りたいという「売却」希望者が増加しています。

反対に整骨院を買いたいという企業も増えています。

この理由については様々だと思いますが、本題とはそれるので別の機会にお伝えしたいと思います。

また、弊社で「売却」を決定される方の特徴として多いのが、別の会社様で「売却」を進めた後に、もう一度「整骨院経営.com」にご相談に来るケースが多いです。

それは、

・言われた通り「居抜き」では思ったような金額で売れなかった
・「売却」の募集条件をだしたが全く決まらない

といったものが多くの理由です。

そして上記の理由があっても、「整骨院経営.com」に戻ってこられる理由があります。

それは

整骨院経営.comのコンサルティングを受けた後に「売却」をすると数十倍の売却益で募集をかけてから即売却が決定されるから

です。

買いたいという企業が多い中で、このような現象が起きているのはなぜでしょうか。

答えは簡単で

売りに出ている整骨院が魅力的ではないから誰も買わないから

です。

稀に何も知らない新人の「柔道整復師」が中古の店舗を「居抜き」で高額な費用を払って買い取っているケースを見かけますが、そんなことは稀です。

さらに、そんな売買をしてしまっては後からトラブルしか発生しません。

では、なぜ「整骨院経営.com」で整骨院を「売却」すると、高値で即時に取引されるのでしょうか。

それは、

整骨院店舗を事業売却(M&A)できる状態まで持って行った後に売却するから

です。

整骨院事業者の多くは、「施術者=オーナー」というケースがほとんどです。

この形態で、「受付」や助手的な「スタッフ」を1名雇っていることが大半ですが、これでは「事業売却(M&A)」は行えません。

「事業売却(M&A)」をするためには下記の条件が必要になります。

それは

・黒字経営ができている
・経営者が現場を離れている

という2点です。

この状態で月間の利益で50万円前後あれば、「売却額」は1,200万円前後になります。

これを通常の「居抜き」で「売却」してしまえば、10~100万円の間で決着してしまうでしょう。

ここが、整骨院店舗の「売却」を検討している方が、最終的には「整骨院経営.com」で契約を決める理由です。

なぜなら

整骨院経営.comは「事業売却(M&A)」できる状態まで整骨院を成長させるコンサルティングができるから

です。

通常の整骨院系コンサル会社は集客のコンサルティングが主流で「事業売却(M&A)」に関しては無知です。

反対に「事業売却(M&A)」系のコンサル会社は、「事業売却(M&A)」の仲介はできても整骨院の売上やスタッフ管理をすることはできません。

しかし、整骨院経営.comなら

整骨院経営の全体的な成長を行いながら「事業売却(M&A)」までを一貫して行うことができる

ため「売却」希望の整骨院経営者の方々から依頼を頂いています。

これは「整骨院経営.com」のコンサルタントである「大竹一彰」自身が、実際に整骨院を複数店舗経営した後に、「事業売却(M&A)」を行っているからこそできる他には真似できないコンサルティングサービスだからです。

集客面だけではなく繊細なスタッフとの関わり方から、新技術といった治療家としての情報の供与、また「事業売却(M&A)」における仲介処理まで、これからの整骨院業界には必要不可欠なサービスを提供しております。

タイミングが早ければ早いほどメリットの大きい「事業売却(M&A)」なので、可能な限り早い決断をおススメしています。

ご興味がある方は弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い複数の事業を立ち上げながら整骨院専門の経営コンサルタントとして活動しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

節税しながら借入を起こすと事業は止まる
整骨院を開業して成功させるために最も大切なこと
女性の柔道整復師におススメの整骨院開業のカタチ。
整骨院経営を40年間続けていく自信はありますか?
整骨院経営におけるHPの表記方法の変更が急務です!
整骨院経営を不正から脱出させる方法

最新記事のチェックにフォローしよう