運営・経営

整骨院店舗を開業するなら地域一番店でなければ意味がない

整骨院店舗を開業するなら地域一番店でなければ意味がない

「柔道整復師」になった人であれば、整骨院を開業する夢を抱いている人が大半でしょう。

しかし近年では、「整骨院」の店舗数が激増し、「コンビニ」の店舗数よりもたくさん存在します。

横を見れば2、3件目に付くほど至近距離にあり、患者の取り合いが起きています。

そんな状況であっても、わざわざ「整骨院」を「開業」するのであれば、「売上」、「噂」、「清潔感」、「元気」など、あらゆる分野で地域一番店を目指しましょう。

地域一番店と聞くと、何か特殊なことをやらなければならないと考えるもしれませんが、繁盛店がやっていることは、その他と大差がないことをやっています。

自費治療でバンバン患者を獲得しているなんてことはありません(※当然ながら例外あり)。

保険治療をメインとしている整骨院であれば、やっている内容は通常の整骨院と大差ありません。

では、地域一番店になるような「整骨院」はどのような店舗なのでしょうか。

それは、患者が整骨院の先生を選ぶ理由を考えれば簡単に分かってきます。

整骨院に患者が集まる理由は、

施術の種類や効果にようるものではなく、施術する先生の「人柄」

に大きな要因があります。

施術する先生の人柄も良く「患者」の「悩み」もしっかり聞いてあげるような関係性を創れば、簡単に売上を上げることができます

そのため施術技術というのも、「中の上」くらいあれば患者を集めることができません(『整骨院経営に技術は必要ありません。』)。

一昔前の「整骨院」は施術技術があれば患者は来院していました。

しかし、時代が変わり、営業手法も変わってきています。

地域一番店であり続ける整骨院は、基本的な整骨院経営は当たり前の状態で常に新たなことにチャレンジし続けています。

常に変化を取込み続けていることが一番であり続ける理由です。

具体的な方法を知りたい方は弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い複数の事業を立ち上げながら整骨院専門の経営コンサルタントとして活動しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院を経営するなら柔道整復師に与えられた特権を生かす。
整骨院業界の未来は吉とでるか凶とでるか? ~「第4回柔道整復療養費検討専門委員会」の内容について~
整骨院店舗を居抜きで売却するよりも事業売却(M&A)した方が良い理由
整骨院経営者がわいせつ行為で逮捕されるのが後を絶ちません。
整骨院を経営していて独自技術を開発したら事業売却(M&A)
整骨院経営は副業でする時代

最新記事のチェックにフォローしよう