お悩み相談

整骨院経営に事業転換の時期が来ています

整骨院経営に事業転換の時期が来ています

整骨院業界には事業転換の時期がやってきています。

というより、多くの整骨院が事業転換しなければ生き残りができない時代になっています。

既に、経営が成り立たずに経営破綻している店舗も現れ始め、既に立ち行かなくなっているのにその事実に気づいていない整骨院経営者もたくさんいます。

しかし、冷静になって考えれば、どの業界にも言える流れなので整骨院業界だけに言えた話ではありません。

特に、保険収入がメインの整骨院業界にとっては、国の方針次第で簡単に経営基盤が崩れてしまうでしょう(『療養費委任払い制度が使い物にならなくなる日は近い』)。

そんな時に、経営者として判断しなければならないことは、

現在の整骨院業界の状況が我慢しなければならない状況なのか変化しなければならない状況なのかを見極めて選択すること

です。

では、現在の整骨院業界はどのような状況になっているのでしょうか。

整骨院はコンビニよりも店舗数が増えています。

付け加えれば、整形外科も定着し、昔の整骨院の患者は整形外科に流れています。

その上で、残った患者や患者予備軍を飽和しきった整骨院で奪い合っている現状です。

答えは簡単です。

整骨院経営は事業転換しなければ生き残っていくことはできません。

しかもそれは、ちょっとした変化では全く意味がないでしょう。

>次のページ:柔道整復師として整骨院経営で生き残っていくための道

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

不正をするぐらいなら整骨院やめた方がいいでしょ ~不正するほどの対価もないというハナシ~
柔道整復師として言ってはいけないこと
整骨院経営の終わり方は3つだけ~次につながる廃業方法
整骨院経営の理想と現実のギャップを感じていませんか?
整骨院を経営しているという自覚はありますか?
整骨院経営が資金ショートしやすい理由

最新記事のチェックにフォローしよう