運営・経営

整骨院経営を買い取ることでビジネス的なメリットを生み出す方法

整骨院経営を買い取ることでビジネス的なメリットを生み出す方法

整骨院を経営し、運営していくためには、決して柔道整復師の資格が必要なわけではありません。

無資格者でも、ノウハウさえあれば整骨院を開業し、経営していくことは可能です。

当然ながら、整骨院事業を成功させることも可能です。

それと反対に、整骨院経営は柔道整復師だからといって成功できるわけではありません。

その理由は、

「経営」という根本を考えれば「技術」が経営を成功させる最大の要因ではないから

です。

では、整骨院経営にとって最も重要な要素とは何なのでしょうか。

それは、

経営能力

です。

何を当たり前のことを・・・と思われたかもしれませんが、整骨院業界ほど「経営能力」の低い経営者が多い業界はほとんどないでしょう。

半医療機関的に扱われてきたため、経営に必要な要素がなくても成り立っていた業界が、規制や保険制度の変化により、経営能力が問われる状況へと追いやられてきています。

しかし、この状況は経営能力のある経営者からすれば好機に移ります。

なぜなら

経営者という視点で考えれば整骨院業界は競合が少ないから

です。

なまじ業界の知識やノウハウを持っている人の方が成功しにくい業界になっています。

そんな経営能力が高い経営者が整骨院業界へと進出する場合には「事業売却(M&A)」によって参入することをおススメしています。

一から開業する方法や、居抜きの店舗を買い取る方法もあると思いますが、一定の業界特有の問題もあるため、ノウハウ化されてしまった整骨院を買い取ってしまった方がメリットは高いでしょう。

特に、既に利益を毎月生み出している整骨院を事業売却(M&A)すれば、購入直後から利益を生み出すことも可能なので投資案件としては最適でしょう。

>次のページ:これからの整骨院業界を考えれば事業売却(M&A)の重要性が拡大する

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院経営の事業売却(M&A)の相談は業者ではなく経験者にしましょう
整骨院は「事業売却」と「完全自費治療型」で薄利多売を切り抜けろ!
整骨院経営において自費治療で売上をたてるために必要なこと
整骨院店舗の事業売却(M&A)が柔道整復師の明るい未来を創る
整骨院店舗を廃業するために売却方法は2つしかありません
整骨院経営は失敗を前提に考える

最新記事のチェックにフォローしよう