お悩み相談

整骨院経営の売上は半年あれば伸びます。

整骨院経営の売上は半年あれば伸びます。

ここ最近、整骨院の事業売却(M&A)に対する問い合わせと同時に、売上が伸びないことで事業売却(M&A)すらできない状態であることに対する問い合わせが増えています。

しかし、整骨院経営の売上アップはそれほど悩むようなことではありません。

確かに整骨院経営は事業形態的に大きな収益が得られるような業界ではなくなってきていることは事実です(『整骨院経営は費用対効果が悪い業界』)。

整骨院経営は少しのコツを知っていれば、半年もあれば整骨院経営するのに必要十分なだけの売上アップは簡単にできてしまいます。

もちろん施術の人数やエリアによって伸び率は異なるにしても必ず伸びる方法があります。

もし現在、売上が伸びていないのであれば、方法を間違っているか何もしていないかのどちらかです。

そして、

大半の伸びていない原因は「何もしていない」こと

でしょう。

数ある売上アップの方法の一部は最後に紹介しているのでそちらをご覧ください。

本日の記事では、整骨院経営の売上を伸ばすための最大のポイントをお伝えしたいと思います。

その最大のポイントとは、

自分(施術者)の人間性を売り込むこと

です。

>次のページ:整骨院経営者が人間性を売り込むために必要なこと

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗を事業売却(M&A)する時に必ず注意しなければならないこと
整骨院の不正請求・水増請求は損保会社も国の機関も知っている。
整骨院経営を事業売却(M&A)できない人が考えること
整骨院店舗を事業売却(M&A)する時にも大切なのはいつも「人」
整骨院を開業したなら休日なんて作っている場合ではない
あなたは整骨院を経営していこんな不正を繰り返していませんか? ~業界の再編は近い~

最新記事のチェックにフォローしよう