お悩み相談

通常の整骨院経営なのに当月分の保険報酬を当月中にもらう方法

整骨院の保険請求代行の効果的な使い方

保険請求代行会社を利用することは、これから開業する予定の「柔道整復師」には心強いことは言うまでもありません。

そして実は、この制度を使うことで、整骨院経営を現在行っている人にとって経営メリットが大きい施策があります。

それは、

既存店の売上を活用し、融資なしで分院展開する方法

です。

実際に私はこの方法で分院展開を行い、「損益分岐点」を達成する時期を短縮し、整骨院の価値を上げることに成功しています。

そしてさらに経営手法を組み込んだ合わせ技を行います。

整骨院を分院展開し整骨院の価値を高めきる一歩手前で「事業売却(M&A)」を行います。

整骨院の価値を高めるということは、「事業売却(M&A)」時の売却益を高めることに他なりません。

ここまで合わせ技ができれば、かなりの手元資金を創り上げることができるでしょう。

保険請求代行会社の活用、開業時の集客方法、分院展開、事業売却(M&A)など具体的な方法が知りたい方は弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い複数の事業を立ち上げながら整骨院専門の経営コンサルタントとして活動しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

あなたは本当に整骨院経営が好きだと言い切れますか?
大半の整骨院の自費移行がうまく行かない理由
これからの整骨院経営に必要なことは保険を使わない決断
整骨院を経営しているという自覚はありますか?
整骨院の事業売却という考え方をもとう。 ~あなたの整骨院はただの肉体労働になっていませんか?~
整骨院を開業したなら休日なんて作っている場合ではない

最新記事のチェックにフォローしよう