お悩み相談

整骨院経営で成功している人ほど事業売却(M&A)をする

整骨院経営で成功している人ほど事業売却(M&A)をする

整骨院経営.comでは、時代の流れを考えても、柔道整復師としての可能性を追求する意味でも、整骨院を事業売却(M&A)することをおススメしています。

なぜなら、

整骨院経営で成功している人ほど事業売却(M&A)をしているから

です。

この事実があまり知られていないのは、整骨院業界という業界柄、事業売却(M&A)といったことに関心がない人が多いからでしょう。

とくに整骨院経営の成功者の中でも特殊な独自技術を確立した人は事業売却(M&A)をする割合が高くなります。

その理由は

通常の整骨院経営では痛みなどに苦しんでいる人たちを救う限界があるから

です。

限界を創る要因は、法律面、地域性の高いビジネスであることなどが挙げられます。

そんな限界を取り払ってくれるのが事業売却(M&A)です。

通常の整骨院経営では、直接患者に接して治療する人がいなければ成り立たない職業です。

これはある意味、目の前の人しか変えられないということも同時に言えます。

整骨院を売却した上で、「オリジナルノウハウ」をパッケージ化し販売し、多くの治療家を育成すればそれだけ多くの患者を救うことができます。

とはいえ、オリジナルノウハウを販売していく仕組みの構築やランニングコストも必要になってくるため資金が必要になりますが、その資金を埋めてくれるのが事業売却(M&A)による売却益です。

事業売却(M&A)は、店舗展開している先生のストレスを全て取り除き、柔道整復師として開業当初に頂いていた「目的」や「夢」の実現を加速することができます。

>次のページ:独自技術を持っていない整骨院でも事業売却(M&A)はすべき

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院経営が資金ショートしやすい理由
大半の整骨院の自費移行がうまく行かない理由
これからの整骨院経営に必要なことは保険を使わない決断
本気で整骨院経営を続けたければファンをつくれ
第10回柔道整復療養費検討専門委員会に関して整骨院経営.comが思うこと
整骨院を開業したなら休日なんて作っている場合ではない

最新記事のチェックにフォローしよう