お悩み相談

整骨院の不正請求・水増請求は損保会社も国の機関も知っている。

整骨院の不正請求は損保会社にはバレている

整骨院を経営していく上で、交通事故患者の集患が重要性を増してきています。

そのため、交通事故患者をたくさん集客するようなお手伝いするような業者も増えてきています。

しかし、そういった考え方が

整骨院に交通事故患者を遠ざける要因となっていること

に気づいているでしょうか。

業界人であればあるだけ気づきにくいのかもしれません。

私は「損保会社」関連に多数のコネクションがあるため、普段から交通事故の加害者の立場の意見をよく聞きます。

そんな際に必ず苦渋の顔で言われることに

「水増し請求」や、「こすった程度の交通事故を頚椎捻挫で半年以上も治療する」という「不正請求」に困っている

という話を聞きます。

それと同時に

交通事故に遭遇してしまった人にはクリーンな関係を気づいている整骨院を紹介する

という事実も存在しています。

この話を聞いて耳が痛い人はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

加害者は被害者に対して、謝罪の意味も含めた上で、しっかりとした回復を約束したいところです。

しかし紹介した整骨院が不正行為が常に行われているようでは、薬で軽減させるような医療機関に紹介せざるおえないのが現状のようです。

これではいつまでたっても整骨院での交通事故患者の増患は見込めません。

そして知らない人が多いのですが、

あなたの不正請求は結構ばれていますよ?

損保会社などはバカではありません。

数字やデータを見ればある程度は不正請求をしている整骨院かどうかが判明します。

そしてさらに言えば、不正請求をしている整骨院のブラックリストをもっています。

刑事事件にしていないだけで知っている人は知っています。

>次のページ:整骨院は不正請求しなくても交通事故患者を増やすことができる

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

これからの整骨院経営を考えるなら整骨院の名前を捨ててみる
不正をしたくないのに不正になってしまう ~ある若手「柔道整復師」の悩み~
整骨院の経営は大手企業でないとやっていけない時代がくる
整骨院経営の神髄はリピート率を下げて売上が伸ばすこと
整骨院を開業して人気店になったら事業売却(M&A)
整骨院業界で騒がれるあのこと・・・ ~整骨院業界の「不正請求」への解決法~

最新記事のチェックにフォローしよう