お悩み相談

あなたはマッサージャーで満足ですか? ~マッサージはマッサージ師が行うこと~

マッサージはマッサージ師が行うこと

整骨院ではマッサージを行うことが定番になっています。

マッサージ師ではないのにマッサージをしている現状ですが、法律上マッサージはマッサージ師が行うことは旧知の事実だと思います。

しかし、今回お伝えしたいのは、法律云々の前に、

果たしてこの現状は、柔道整復師という国家試験をパスして資格保持者となった方々は満足している現状なのでしょうか?

エステやリラクセーション施設というのは国家資格を取らなくともマッサージを施術することができます。

3年間、約500万を費やして、国家資格を取得したのだからもっとプライドを持つべきだと私は思いますがいかがでしょうか。

それだけの投資を行っておきながら、誰でもできるリラクセーション施設と同じような業態と化してしまっています。

このマッサージャーの増加こそが、これからの整骨院業界の衰退を意味しています。

全ての方が、そうとは限りませんがほとんどがそうなってしまった現状に、今後の整骨院業界の革命が必要になってきました。

柔道整復師の誇りを取り戻そう

そもそも柔道整復師や鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師は地域医療従事者として頼りにされています。

非常に親身になって患者の手当にあたり、実際の医師とは異なり、患者に触れて状態の把握を行ったり、ただ画像や聞いた話だけで判断する医師とは異なった側面があります。

まずは、あそこの先生(柔道整復師や鍼灸師、整骨院)に相談してからにしよう!

となっていたのがそもそもの形ではないかと思います。

それがいつの日か、形がかわり、保険のきくマッサージ屋さんと言われるようになってしまったことは、私も一人の柔道整復師として何か行っていかなくてはならないと思っています。

過去に整骨院経営も行っていたことからも、この実態には生で直面してきました。

私が当時行っていたことは、

マッサージ依頼、指圧などの依頼に関しては一切やらないことを告げ、整骨院とはマッサージを行わない

と患者にもお伝えしてきました。

それでもしっかりと技術をつければ、一日100人ぐらいの患者様が来院する整骨院というのはつくれます。

時間とお金を費やして取得した国家資格をもっと大切にして、マッサージャーを脱退しませんか?

そのために、私は現場から離れて現在の立場になっています。

そのための労力は惜しみませんので、お気軽にご相談ください。

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

従業員の顔色が気になったら事業売却(M&A)
これからの整骨院業界の保険制度はどうなるのか
整骨院経営には売上よりも現金が大事だと理解すること
本気で整骨院経営を続けたければファンをつくれ
整骨院を経営しているという自覚はありますか?
整骨院店舗を事業売却(M&A)するといくらになるのか

最新記事のチェックにフォローしよう