M&A情報

人気の整骨院も大変ですよね。 ~成熟した時こそが事業売却のタイミング~

整骨院は成熟した時が事業売却のタイミング

開業して様々な広告や宣伝を行い、地域やその他の方々に認知され、患者様の増患が見込まれてきました。

開院当初はどんどんアベレージも増えていくでしょう。

次第に施術スタッフを増員し、対応していきますが、いつの日かある一定の人数で変動しなくなってきます。

新患は増えているのに、アベレージは増えていかないという状態です。

利益もしっかり残っています。まさに整骨院がしっかり成熟しました。

そうです、

この状態こそが整骨院の売り時

なんです。

一番脂ののった時期と言ってもいいでしょう。

アベレージが安定してきて半年くらい経った時期に売却先を探すと、最小の労力で最大の売却益を得ることができます。

実際に売却となると、約2ヶ月から4ヶ月はかかると思いますので、ちょうど整骨院自体が軌道に乗り始めてから約10ヶ月ほどで売却が完了することになります。

と、これだけの話を聞いていると何故そのタイミングで売却をするのか、と疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

最大の売却益といっても、そんな簡単に事業売却なんてできませんよね。

たくさんの思い入れや意気込みがあって経営してきた整骨院だと思います。

とはいえ、それを加味したとしても、約5年かけて整骨院を作り上げ、売却に持っていく方向がベストだと思います。

事業売却への理想の状態

人気の整骨院を経営したことがある方であれば、様々な気苦労を知っているはずです。

1日50人の来院アベレージ、自費なども取り入れながら約8万〜10万円の売り上げを作ります。

この作った売り上げを30日間で300万前後の月商を確立するまでに育てましょう。

これが12ヶ月で約3600万円の年商です。

これを4年間続けることができれば、経費等を差し引いても1億近い純利益となります。

ここに売却益が乗ってきますので、1億の利益はそれほど難しいことではありません。

まして5年運営していることより、間違いなく1億は超えてしまいます。

経営的な数字が上手くいっていたとしても、なかなか思い通りの整骨院を作り上げることが難しい業界です。

そんなときは延長線上で考えるのではなく、事業売却をもって一度リセットした後、得た資金を使って次のステージで勝負をした方が後先を考えると理にかなっています。

また、別の業態への移行も可能となってきます。

様々な動きが行えるのもキャッシュがしっかり留保できるためです。

現状は赤字の整骨院の売却の話が大量にあります。

しかし赤字ではまず売れません。

赤字ならいち早く黒字転換をして、事業売却の道を歩みましょう。

 

M&A情報の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗は事業売却(M&A)がおススメ ~居抜きは二束三文にしかなりません~
整骨院の事業売却の全貌を大公開 ~店舗売却と事業売却は違います~
経営している整骨院を事業売却(M&A)した時の金額算出方法
あなたは本当にまだ整骨院を続けていたいですか? ~店舗事業売却という考え方~
自費治療型の整骨院だけが選択肢ではありません。 ~整骨院店舗を事業売却するという考え方~
人気の整骨院も大変ですよね。 ~成熟した時こそが事業売却のタイミング~

最新記事のチェックにフォローしよう