運営・経営

整骨院経営よりも効率的に稼ぐことができる仕事の方が圧倒的に多い

整骨院経営よりも効率的に稼ぐことができる仕事の方が圧倒的に多い

整骨院経営とは、日常的に必要な消耗品系の経費が少なく、さらに天下の保険がバックについていたため、自分で開業すれば直ぐに外車を乗り回すことができる時代が確かにありました。

もちろんその中には、不正を働く整骨院も多数存在していたため、「稼ぐ」という観点だけで見れば、整骨院の経営が楽だった時代があることは事実です。

しかし今や時代は変わり、その頃の不正の反動、整骨院の乱立、国家情勢の悪化による保険制度の崩壊など、整骨院業界には暗い話題ばかりが叫ばれるようになりました。

その結果、

整骨院業界は薄利多売な業界になっている

とお気づきでしょうか。

しかも、今後もこの傾向は強まっていきます。

今や整骨院経営はビジネス的な観点で言えばメリットがありません。

むしろ整骨院を経営することよりも効率的に稼ぐことができるビジネスの方が多くなっているぐらいです。

それにも関わらず、整骨院を開業する人が後を絶たず、次から次へと柔道整復師や鍼灸師の国家資格を取得する人が減らないのはなぜでしょうか。

それは、

ただ整骨院業界のことしか知らないから

です。

どれだけ整骨院業界の中で成功しているように見える整骨院でも、他の業界と比べれば費用対効果は決してよくありません。

整骨院業界以外を知っている人から経営の中身を見ると「整骨院経営」という選択肢を選んでいる時点でビジネスセンスがないとさえ思われています。

とはいえ経営は「ビジネス観点」だけで選ぶものではないので、整骨院経営を否定しているわけではありません。

しかし、現実を知らないで経営していることと、知らないで経営していることは雲泥の差な上、他業界を知ることで整骨院業界に活かせることはたくさんあります。

少なくとも、好きで始めた整骨院経営が売り上げもたたなければやりたいこともできないという状況の人は、自分の既成概念を一度取り払うことをおススメ致します。

>次のページ:整骨院経営は薄利多売なビジネスモデル

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗の「事業売却(M&A)」は考え方次第で誰でもできる
女性の柔道整復師が整骨院の開業に向いている理由
整骨院経営は今までと同じ経営を続けていれば潰れます。
今までの整骨院業界の終焉は近い・・・事業売却(M&A)の準備をしよう
「経営者」とはなんでしょうか? ~整骨院を開業するということは「経営者」になるということ~
整骨院経営の極意~当月分の保険報酬を当月中にもらう方法

最新記事のチェックにフォローしよう