運営・経営

整骨院経営は税金のことを熟知しないとできない

整骨院経営は税金のことを熟知しないとできない

整骨院経営を行っていく上で、実は集客することよりも大切なことがあります。

整骨院の集客は、実はそこまで難しいことではありません。

整骨院経営を行っていく上で最も大切なこととは、

税金について学ぶこと

です。

整骨院を経営する上で、税金のことを知らないと必ず痛い目を見ます。

これは、整骨院に始まったことではありませんが、個人事業主の形態をとる経営基盤が多く、店舗型の現金商売で、保険収入という支払いサイトがずれる特殊な業界であるからこそ特に警戒する必要があります。

結果的に、大半の整骨院が廃業に追い込まれる最後のきっかけは税金の支払いであるといっても過言ではありません。

税金の仕組みは非常に巧妙な形で創り上げられています。

細かい部分まで、知る必要はなく、細かい部分は専門家に委ねれば問題ありません。

しかし、税金の大きな流れは経営者である限り理解しておく必要性があり、時間をかけてでも解決していかなければならない事案であることは間違いありません。

>次のページ:整骨院経営者に最低限知っておいて欲しい税金のハナシ

運営・経営の関連記事

Contents Menu

本気で整骨院経営を続けたければ不安があるなら即事業売却(M&A)
整骨院の経営術~当月分の保険報酬を当月中にもらう方法を知っていますか?
整骨院経営がただの肉体労働になっていませんか?
整骨院経営を個人事業主で行うことはリスクが高い
昔ながらの施術がいつも正しいわけではない ~現代人の身体にあった施術法とは~
「10坪4床5年間で粗利1億円を稼ぐ整骨院の作り方」 /Kindle版 発売開始

最新記事のチェックにフォローしよう