お悩み相談

整骨院経営にはリピートさせない技術が必要不可欠

整骨院経営にはリピートさせない技術が必要不可欠

整骨院業界においても本物志向の時代が到来します。

到来というよりも既に本物の経営しか生き残れない時代になってきています。

本物志向とは、

本来の整骨院経営のあり方に立ち返り、世の中から整骨院が求められるていることを理解し、適切に実践できていること

を指しています。

そんな本物の整骨院や柔道整復師が生き残り、むしろ今まで以上に集客力を高めるようになるでしょう。

では、そういった本物の整骨院や柔道整復師が行っていることとは何でしょうか。

様々な要素が含まれてくるかもしれませんが、ある共通したポイントが存在しています。

それは

患者をリピートさせない技術を持っていること

です。

付け加えれば、施術時間が短く、短期間で不調を改善してしまうような技術を持っていることです。

>次のページ:これからの整骨院経営は本物の技術で本物の口コミを生み出さなければならない

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

これからの整骨院経営を考えるなら整骨院の名前を捨ててみる
10時から仕事を始めて16時には終わる柔道整復師の生き方
あなたはアイスマンになるために柔道整復師になったのですか? ~初心を思い出すススメ~
あなたは整骨院を一生できると思っているのですか? ~整骨院業界の破綻が目前~
整骨院経営で成功している人ほど事業売却(M&A)をする
整骨院経営で保険治療を続けても無意味な理由

最新記事のチェックにフォローしよう