運営・経営

整骨院を初期費用0円で開業する方法

整骨院を初期費用0で開業する方法

整骨院を開業する時に最大の問題の一つは初期費用でしょう。

そしてその初期費用も開業者の意思や方向性によって揃える備品が全く異なってくるため一概には言えません。

さらに言えばターゲットになる患者によっても開業する整骨院のコンセプトも変わってくるため、初期投資した費用の回収スケジュールも人それぞれ異なってきます。

つまり、初期費用の考え方は10人いれば10人の異なったあり方が存在していることになります。

しかし、現在の整骨院業界の流れを考えれば、柔道整復師としての在り方を守るための方法というのは限られてきます。

そして整骨院経営.comとしておススメできる方法は一つしかないと考えています。

その方法を用いれば、初期費用も実質0円で開業することが可能で、5年間あれば粗利1億円ぐらい稼ぎだすことが可能です。

その後は稼いだ現金を元に柔道整復師としての在り方を最大限に追及する形を創り上げることができます。

ではどのような整骨院を開業すれば良いのでしょうか。

それは、

技術力の高い少数精鋭の柔道整復師が小規模な整骨院を経営すること

です。

具体的に言えば、

10坪でベッドは4床程度で初期費用の合計は300~500万円以内にすること

でしょう。

これ以外の形はこれからの整骨院業界を考えればリスクが高すぎます。

少数精鋭の施術者で整骨院を運営すれば、短時間の施術でたくさんの患者の不調を取り除くことができます。

短時間で大きな効果が得られる施術は、患者目線で考えれば、驚きと感動が起きるため、人に伝えたくなります。

まさに本物の口コミが生まれます。

医療関係の口コミとは、多少の満足を与えながらも同様の患者が何度も通うような状態を創ることではありません。

本物の口コミとは

感動するほどの施術を行うことで患者が患者を連れてきてくれる状態を創ること

です。

本物の口コミが生まれれば、広告をうたなくても患者は次から次へとやってきます。

そして初期費用も低いため損益分岐点を超えるまでの期間も短くて済むため、次の展開までのスピードも早くなります。

さらに小規模な整骨院を創る最大のメリットは、初期費用が300~500万程度であれば、手元資金がほとんどなくても開業する方法を使うことができます。

しかも、実質的に返済する義務までない方法です。

つまり、ノンリスクの状態で整骨院を開業することができます。

具体的な方法を知りたい方は、弊社のコンサルティングを受けて頂いてる方限定の情報なので弊社までご連絡ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内にまで育て上げ3店舗の運営をった後、事業売却(M&A)を行い現在の整骨院専門のコンサルタントとして活躍しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗の従業員の所得を補償して人材確保を簡単にする方法
整骨院店舗経営の節税方法を知っていますか? ~減価償却資産の活用~
整骨院だからできることを考えよう ~整骨院に対抗しても意味がないハナシ~
女性柔道整復師は整骨院の経営に向いている
完全自費型の整骨院経営は楽って知ってました?
整骨院経営で成功したけりゃ経営は右肩上がりにならないと知れ。

最新記事のチェックにフォローしよう