お悩み相談

柔道整復師として言ってはいけないこと

あなたはこんなことを言っていませんか?

私が治療家として現場にたっている時、医療従事者にトンデモナイことをやっている人がいることに驚愕していました。

その行為は今でも様々な方面で行われているようです。

特に、スポーツ外傷に関わる患者に対して以下のようなことを行っているようです。

それは

・治らないのは患者が毎日来ないから
・スポーツ部の監督と癒着して本当は画像診断ができるほど悪いのに出場許可を下す

といったことです。

この現状は、医療従事者ではないといっても、医師が言った一言だけで選手を安易に出場させてしまう指導者にも問題があります。

こんな現状が続いてしまっていては、患者が良い方向に向かうとは考えられません。

治療家としてのプライドがない発言は辞めましょう。

上記のような発言や行動をしている「医師」や「治療家」は完全に自分のプライドを放棄しているといっても過言ではありません。

間違ってもあってはならないことです。

自分が何をするために今の立場にいるのかを完全に見誤っているとしか言いようがありません。

治らないのは毎日来ないからではなく、治せないあなたが原因です。

それを肯定するために、患者に責任を押し付けているに過ぎません。

また、監督やコーチが選手を試合に出場させたい思いで、選手が怪我をしていても、医師に出場の口添えをしてしまってはいけません。

「誤診」とさえ言える行為です。

そんな治療院が「スポーツ外来」や「スポーツに特化した治療院」といった看板を掲げています。

患者の大半はその看板を信用して来院しています。

そもそもの話をすれば、スポーツ経験のない人にスポーツ外相の医師や治療ができるとは思えません。

様々な研究や治療薬、治療法が開発されても肝心の「気持ち」や「感覚」の部分は理解することができません。

医学的に治っていても、スポーツ選手の立場からいって治っていなければ意味がありません。

反対に言えば、経験者の人たちがもっと身体への知識を身に着ける必要があるとも言えます。

体が資本で生活を担っているわけですから。

スポーツ系の外傷は簡単な治療ではありません。

スポーツに関わる人すべての適切な判断が必要になってきます。

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院経営を続けたければ医者との差別化をせよ
整骨院店舗を事業売却(M&A)するといくらになるのか
整骨院を開業したら一番にやるべきこと
整骨院経営を続けなければいけない理由なんてどこにもない
整骨院経営の終わり方は3つだけ~次につながる廃業方法
保険の使えるマッサージ屋さんをしたかったのですか? ~整骨院の本質について考えてみた~

最新記事のチェックにフォローしよう