運営・経営

整骨院経営.comの経営コンサルティングが一味違う理由

整骨院経営.comの経営コンサルティングが一味違う理由

整骨院経営.comのコンサルを受けた方のメリットは計り知れません。

と自称した所で何の根拠にもならないので、客観的に整骨院経営.comのコンサルティングを見ていきたいと思います。

まず、第一に大きなポイントは

経営コンサルタント自身の整骨院経営経験の有無

です。

大半のコンサルタントは、整骨院の経営経験がありません。

多くは実働部隊として施術や現場管理をしていた人間か、まったくの外部から集客や節税などといったパーツ事のコンサルティングを行っています。

そのため、ある得意分野があったとしてもその他の分野については対応策を持っていないことが大半です。

結果、そのコンサルタントが持つ方法論に当て込もうとされるため、解決しない人が大半になってしまいます。

例えば、人件費が経営上重荷になっていることは数字を見れば誰でも判断できます。

そのため、従業員を一人やめさせたほうがいいという提案は誰でも考え付く方法です。

人件費以外であれば、家賃も同様に語られることがあるでしょう。

しかし、人件費や家賃の削減なんて部分は、言うは易し、行うは難し・・・であることは経営者であれば当然のように知っていることです。

提案した内容が、どれだけ優れていたとしても、現場レベルで実行に移せないのであれば全く意味はありません。

その点、整骨院経営.comでは、弊社の経営コンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内にまで育て上げ3店舗の運営をった後、事業売却(M&A)を行い現在の整骨院専門のコンサルタントとして活躍しています。

そのため、現場を知り尽くしている私からすれば、実現不可能な提案は一切しません。

自身でたくさんの失敗を経験した中から集約した成功方法しか提案いたしません。

さらに、多くのコンサルタントが売上(成約数)ベースで物事を考える中、弊社は必ず「利益」ベースで物事を考えていきます。

売上を上げるだけなら広告費を溢れんばかりにかければ誰でも可能です。

しかし、本当に経営に大切なことは「利益」を残すことです。

そんな当たり前のことも多くのコンサルタントは理解していないケースが多々あります(『整骨院経営コンサルタントの雇い方~コンサルタントとの違い~』)。

また、整骨院経営.comは付帯サービスがその他のコンサルタントには実現できないものを取り揃えています。

整骨院経営.comを運営する株式会社ADLIFEは、複数のビジネスを展開している企業です。

そのため、行えることや行ってきたことは整骨院の経営の範疇だけではなく、節税方法や、優良な企業の紹介、新事業展開の方法論など「会社経営」という幅広い枠での提案を行うことが可能です。

最終的にどのようなコンサルタントに依頼しようとも、弊社の話をまっさきに聞いておくことをおススメ致します。

整骨院の経営は集客するだけでは意味がありません。

利益を残し、継続していく形を整えて初めて経営と言えます。

具体的に一つ一つの整骨院のカタチにあった利益の出し方を知りたい方は弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い複数の事業を立ち上げながら整骨院専門の経営コンサルタントとして活動しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院を居抜きで売却しても二束三文にしかなりません
完全自費型の整骨院経営は楽って知ってました?
不正が当たり前の整骨院業界で働きたい人間なんていない
整骨院を黒字経営だからこそ売却するの意味が理解できるかが勝負の分かれ目
あなたはこんなことを言っていませんか? ~治療家としてのプライド0発言~
整骨院の売却は専門家以前に経験者にせよ。

最新記事のチェックにフォローしよう