運営・経営

今どきの整骨院経営・開業には返済不要の資金調達をする

今どきの整骨院経営・開業には返済不要の資金調達をする

整骨院を開業するにあたって「開業資金」はどうしても必要になります。

初期費用と言われるものです。

この初期費用が準備できないということで整骨院の開業をためらっている人もいらっしゃるでしょう。

そんな中で整骨院を開業しようと思うと、大半の方が借金をして整骨院を開業していることになります。

ただし、弊社のコンサルティング先の柔道整復師の方が開業される際には違います。

なんと、

自己資金0で返済不要の開業資金調達方法を活用して開業

しています。

さらに弊社の推奨する、「10坪ベッド4床たったの5年間で粗利1億円を稼ぐ整骨院の創り方」のモデルを活用すればリスクを最小限にしてリターンを最大化できます。

もし仮に、整骨院事業に失敗したとしても、借金が残ることもありません。

「10坪ベッド4床、5年で粗利1億円を稼ぐ整骨院」を創るために、初期費用を300〜400万円に抑えて開業し、運転資金として100万円ほど余裕をみて、合計400〜500万円準備することができれば開業できてしまいます。

その初期費用を初期費用不要・実質返済不要の形で調達し、たった5年間で粗利1億円を稼ぎだしてしまう方法です。

やならない手はありません。

所為費用の内訳としては、不動産取得費用、内装費用、備品設置、レセコン契約、サイン工事などです。

ある条件に合う物件を探すことさえできれば、自己資金0円で返済不要の開業資金を活用して整骨院店舗を開業し、約3ヶ月で軌道に乗せることがでます。

5年後には1億円の粗利を稼ぎ出す整骨院を創り上げることが可能です。

現在、「開業」したいけれど資金面で問題がある方や多店舗展開していきたいが資金面が追いついていない方は、ぜひ弊社までご相談ください。

開業資金の枠には限りがあるため、できるだけ早くのご相談をおススメします。

具体的な詳細を知りたい方は弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内にまで育て上げ3店舗の運営をった後、事業売却(M&A)を行い現在の整骨院専門のコンサルタントとして活躍しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院を経営するなら柔道整復師と医師との違いを理解すること。
整骨院店舗を事業売却できることをまず知ろう
【事業売却/開業支援/売上向上】整骨院店舗の経営コンサルティングなら「整骨院経営.com」まで
整骨院店舗の売上は半年あれば1.5倍は簡単です。
整骨院経営を売却する時に考える事
整骨院は自己資金0でも開業できる。

最新記事のチェックにフォローしよう