運営・経営

整骨院を売却するなら手放したくない店舗から売るのが鉄則

整骨院を売却するなら手放したくない店舗から売るのが鉄則

整骨院店舗を売却するには、「居抜き売却」と「事業売却(M&A)」の二通りがあることをお伝えしてきました(『「居抜き」での売却と「事業売却(M&A)」の違いをおさらいしましょう。』)。

店舗の「売却」と聞くとネガティブな印象をもってしまうと思いますが、「事業売却(M&A)」はポジティブな売却でこれからの整骨院業界を考えれば、おすすめの経営手法です(『整骨院店舗を居抜きで売却するよりも事業売却(M&A)した方が良い理由』)。

むしろ「居抜き」での売却は選ぶメリットはほとんどない、というより状況的に苦しいタイミングでの売却が大半でしょう(『整骨院を居抜きで売却しても二束三文にしかなりません』)。

居抜きは、「経営的にはお荷物の整骨院で、スケルトンにするのは金銭的な出費があるから誰か買わないかな?」というのが本音でしょう。

それに対して「事業売却(M&A)」は「経営的に考えて不要になったため黒字のうちに売却しよう」という考えのもと進めます。

つまり、整骨院を売却する時の考え方は

手放したくないと思う店舗から売却していくことがベストな選択

だと言えます。

整骨院という店舗を一つの「商品」としてとらえれば、当然の事実と言えるでしょう。

購入した瞬間に、経営的にお荷物になる案件など購入したい人は存在しません。

これからの整骨院業界は柔道整復師が一人で施術し経営していく形態が主流になってくるため、大きな店舗や、スタッフを抱えている整骨院は経営的に厳しくなってくる時代がやってきます(『これからの整骨院業界の5年後を予測する』)。

とはいえ、整骨院自体がなくなるわけではなく、今までの保険治療をメインとした整骨院は薄利多売の形態で大手企業が牛耳ていく形になるでしょう(『これからの整骨院業界は大手企業が牛耳る時代に ~これからの整骨院業界の渡り方~』)。

そのため、大手企業が中小零細の整骨院店舗を「事業売却(M&A)」していく流れが生まれます。

それと相反して、昔のような「ほねつぎ」と呼ばれる柔道整復師の先生が施術する治療院の時代が戻ってきます。

技術がたいしてない整骨院は自然に淘汰され、本物の技術を持った人だけが経営者として生き残っていけるでしょう。

いづれやって来る売却せざるを得ない時期に「居抜き」で売却するのか、今の高値で売買できるうちに「事業売却(M&A)」し、これからの時代の変化に対応するのか決めなければいけない時期がやってきています。

整骨院店舗を事業売却(M&A)しようとお考えの方は弊社までご相談ください。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

あなたは整骨院経営を40年間続けられますか?
整骨院店舗の事業売却(M&A)に対する相談が増え続ける理由
本気で整骨院経営を続けたければ不安があるなら即事業売却(M&A)
整骨院経営は技術があれば食べていけるというのは嘘
何も治療家を辞めるすすめではありません ~開業する前から事業売却を目指すという考え方のススメ~
整骨院を経営していて独自技術を開発したら事業売却(M&A)

最新記事のチェックにフォローしよう