運営・経営

柔道整復師は増えても治療家と呼べる人物は激減している。

柔道整復師は増えても治療家と呼べる人物は激減している。

柔道整復師は国家資格です。

毎年、合格者が生まれるため、全国の柔道整復師は増加し続けています。

それにも関わらず、治療家と呼べる柔道整復師は激減しています。

大半の柔道整復師が整骨院で行っているのは「マッサージ」です。

その結果、患者からは「保険の使えるマッサージ屋さん」と認識されています。

さらに、骨折や脱臼などの大きな外傷に至っては、整形外科へと患者が流れており、ますます柔道整復師としての存在意義がなくなってきています。

しかし、それと同時に面白い現象も起きています。

それは、

治療家として軟部組織損傷のスペシャリストの基には患者が増加している

という現象です。

患者は、整形外科では根本的な改善は見込めないことが分かり、マッサージをやっているだけでは何も解決しないことを理解し始めています。

そして、現代では情報化が進んでいるため、各地の有力な情報を集めやすくなっているため、患者が一極に集中を始めています。

>次のページ:マッサージをするだけの柔道整復師なら今すぐ辞めるべき

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院業界の未来は吉とでるか凶とでるか? ~「第4回柔道整復療養費検討専門委員会」の内容について~
整骨院経営を売却することは吉とでるか凶とでるか
本気で整骨院経営を続けたければカルテを見直せ
整骨院を開業する前に知っておくべき成功法則
整骨院を事業売却(M&A)できるって知ってますか?
整骨院を繁盛店にする方法

最新記事のチェックにフォローしよう