運営・経営

稼げる整骨院と稼げない整骨院の違いは2つ

稼げる整骨院と稼げない整骨院の違いは2つ

整骨院業界の二極化が2年ほど前から急速に進んでいます。

それは、

・稼げる整骨院
・稼げない整骨院

です。

それではこの2つを分ける要因はなんでしょうか。

最も大きな要因は

「軟部組織損傷」を速攻で改善できるか否か

です。

これからの整骨院業界を生き残っていくには、「軟部組織損傷」の治療が必須です。

「骨折」や「脱臼」というような怪我に関しては「整形外科」に、転位があるような「骨折」は救急車が呼ばれます。

地方で近くに病院がないようなところに関しては、上記のような患者様も集患できるかもしれませんが、首都圏に限ってはまず不可能に近づいていくでしょう。

この状況が加速すれば、「軟部組織損傷」において病院に行くまでもないと患者様が判断した場合に「整骨院」へ来院する傾向が強まります。

そのため

「軟部組織損傷」の集患がこれからの整骨院業界におけるキーポイント

になってきます。

しかし、大きな問題が存在しています。

それは上記のような患者様は圧倒的に絶対数が少ないことです。

つまり、かなりの激戦となります。

そこで患者様が整骨院を選ぶポイントになるのは、

早期に治癒させる技術を持っていること

です。

患者様は早く治せることを求めているのは間違いありません。

そのためこれからの整骨院業界を生き抜いていくためには、「軟部組織損傷」の治療を高い技術で早期に治癒させる技術を持っている必要があります。

そしてそれは、もう既に局地的には2極化が始まっており、広がりつつあります。

そんな時の現在の主流としては、「自費メニュー」の導入を考える整骨院店舗が多いですが、そもそも「軟部組織損傷」で集患できないような信用力の店舗が成功するはずはありません。

まずは「柔道整復師」として、整骨院店舗を経営する上で当たり前のことをやりましょう。

これからの整骨院店舗の経営は、まず「軟部組織損傷」のスペシャリストになり、その過程で独自の技術を開発し、「完全自費型の治療院」を開業できるような所まで持っていきましょう。

その際には、「事業売却(M&A)」を活用すればよりリスクを下げながら「完全自費型の治療院」開院に向けて経営を進めていくことができます。

具体的にどのような方法をとっていけばいいのか、分からないかは弊社までご相談ください。

弊社ではそのためのサポートは惜しみませんのでご連絡ください。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は、打合せ場所を確定の上、面談させて頂きます。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

これからの整骨院業界が向かっていく方向を予言します。 ~これからの整骨院業界の変化と対応策~
整骨院経営におけるHPの表記方法の変更が急務です!
整骨院の物販でちゃんと売れていますか? ~事業売却をするススメ~
整骨院業界の新たな可能性を切り開く ~10坪ベッド4床 5年間で粗利1億円を稼ぐ方法~
女性の柔道整復師だから開業できる整骨院経営
整骨院店舗経営の節税方法を知っていますか? ~小規模企業共済の活用~

最新記事のチェックにフォローしよう