運営・経営

整骨院経営は技術があれば食べていけるというのは嘘

整骨院経営は技術があれば食べていけるというのは嘘

これから整骨院を開業しようという「柔道整復師」や「鍼灸師」には特に注意して頂きたいことがあります。

それは、

技術をしっかり身につければ食べていけるという考え方は嘘

ということです。

決して完全に間違っているとは言いませんが、「技術」だけを見ていては、文字通りの「食べるだけ」になってしまうでしょう。

皆さんは生きていくためだけに「柔道整復師」という仕事を選んでいるのでしょうか?

昔のように、「整骨院」の店舗数自体が少なかった時代には、ある程度の「技術」があれば、それなりに繁盛していました。

しかし昨今の時代では、「整骨院」が乱立し、ネットを使ったアピールも増えたため、患者からすればいくらでも選択肢が増えています。

そして患者も行動範囲が広がっているため、わざわざあなたの「整骨院」を選ぶ理由が必要になっています。

つまり、

現状の整骨院経営に求められるのは、技術+αが必要になってきている

ということです。

多少の「技術」があるのは当たり前だという事です(『整骨院経営に技術は必要ありません。』)。

さらに言えば、一般人からすれば、同業分類される、「リラクセーション」、「エステ」、「足つぼ」、「トレーナー」など「整骨院」が埋もれやすい時代になっています。

挙句の果てにには、「整骨院」側まで同様のサービスを施術するようにまでなっています。

そのため、このようなライバル店舗や事業から、どれだけ突出できるかがこれからは大切になっています。

ただし、これには例外もあり、世界的に稀有な技術力と即効性のある施術ができれば問題はありません。

しかし、大して集客ができていないのであれば、いくら「技術」があるといってもそこまでの「技術」だということです。

>次のページ:整骨院が技術以外の部分でないがしろにしていること

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院は「事業売却」と「完全自費治療型」で薄利多売を切り抜けろ!
整骨院を経営していくためのグレーゾーンの歩き方
整骨院業界の飽和状態に気づいても何もしない最後は・・・ ~事業売却(M&A)は今がチャンス~
整骨院店舗を売却検討中の方にオススメの簡単な売却額アップ方法
これからの整骨院経営は女性の柔道整復師が活躍する時代
整骨院経営・開業に向いている柔道整復師とは

最新記事のチェックにフォローしよう