運営・経営

生きるために整骨院経営を選んでいるのは賢明と言えない

生きるために整骨院経営をするのは辞めよう

整骨院を経営するにあたり、生活の糧にするのはやめましょう。

それはどんな業界でも同じです。

生活をかけて仕事をすると、必ずどこかで行き詰まります。

それは余裕がないからです。

整骨院業界で言えば、患者が来なかったら・・・診療報酬の減額が起こったら・・・など様々な悩みが増えます。

でも、余裕があればそんなこと思わずに仕事ができますよね。

仕事というのは本来、死に物狂いでやるものではありません。

それは整骨院でも同じです。

そしてさらに、整骨院経営は「ビジネス」の観点から見ても賢い選択とは言えません。

業界の再編がこれから加速し、単価もまだまだ下がります(『これからの整骨院業界は大手企業が牛耳る時代に ~これからの整骨院業界の渡り方~』)。

そして国からの締め付けも強くなっていくことを考えると、ビジネス的なメリットはほとんど残されていません。

そんな業界に対して、わざわざ挑んでいこうとしているのに、「生きるため」の経営を続けていては意味がありません。

>次のページ:経営する上でのリスクヘッジをするという考え方を持とう

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院勤務に不満を感じたら開業しよう! ~開業に自己資金は不必要だという事実~
いつまで湿布を張り続ける整骨院を続けているのですか?
今、利益が出ている整骨院を事業売却(M&A)するのは何故か?
整骨院スタッフのマネージメント法 ~整骨院スタッフが5月病にならないために~
マッサージはマッサージ師のお仕事ですよ。 ~本来の治療家の在り方~
不正をするぐらいなら整骨院をやめましょう。

最新記事のチェックにフォローしよう