運営・経営

整骨院経営を売却する時に考える事

整骨院経営を売却する時に考える事

何らかの理由があって、「整骨院店舗を売却したい」と思った時に最も考えなくてはいけない事とは何でしょうか。

それは

買い手のメリットを最大化すること

です。

いやいや・・・高く「売却」できることでしょ・・・と思われた方もいらっしゃると思いますが、それはハッキリ間違いだと言えます。

「売却」によって最大のメリットが得たいのであれば、買い手にも最大のメリットをもたせてあげることです。

それでは「買い手」側の最大のメリットとは何でしょうか。

それは、

買ったその時から採算を考えやすい店舗

ということになります。

つまり、

「居抜き」で売却されることよりも「事業売却(M&A)」の形で純利益と教育されたスタッフが欲しい

ということです。

そんな整骨院店舗があればかなりの高値で取引されます。

「居抜き」で売却するよりも10倍以上の金額がつくでしょう。

買い手側が「欲しい」と思う状態にすればするほど高値で「売却」することができます。

つまり、

「買い手」側のメリットを考えれば、「売り手」にとってもメリットが高まる

ということです。

これは商売において当たり前のことです。

魅力のない店舗は誰にとっても不必要な店舗です。

そんな店舗にお金を払いたがる企業や人はいません。

仮にいたとしたら後でだまされた・・・と思って恨みを買ってしまうのがオチです。

本気で「売却」を考えるのであれば「事業売却(M&A)」できる状態まで整骨院店舗をもっていきましょう。

具体的な方法が見えない・・・と言う方は弊社までご相談ください。

弊社のコンサルタントである大竹一彰は、柔道整復師の国家資格取得後3か月で整骨院を開業し、わずか2年で単店舗当たりの売上全国1%以内、1日平均来院数100人前後(施術者2名)にまで育て上げ3店舗の運営を行った後、事業売却(M&A)を行い複数の事業を立ち上げながら整骨院専門の経営コンサルタントとして活動しています。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は都合の良い場所を調整し、面談をする形をとります。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

>次のページ:整骨院経営の大半の悩みを解決する事業売却(M&A)

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院経営.com開業講座 ~整骨院経営の利益を増やす方法~
整骨院を事業売却(M&A)するメリット
本気で整骨院経営を続けたければカルテを見直せ
整骨院経営に保険請求制度が邪魔になってきている。
整骨院を経営するなら柔道整復師に与えられた特権を生かす。
整骨院店舗経営の節税方法を知っていますか? ~減価償却資産の活用~

最新記事のチェックにフォローしよう