運営・経営

整骨院店舗を事業売却(M&A)する決断をする時ってどんな時?

 

整骨院店舗を事業売却(M&A)する決断をする時

ある、整骨院の先生が、整骨院を事業売却(M&A)する決断をされました。

数店舗運営しているうちの1店舗です。

しかも一番「黒字が出ている」店舗を事業売却(M&A)されます。

それは一番の利益となるからです。

一般的には赤字の店舗を売却するイメージがあるため、何を考えてるのか分からない方が大半かもしれません。

しかし、私も同じ状況であれば、同じことを行います(というか過去に事業売却(M&A)したわけですが)。

先ほどの先生は、別業態への移行も考えているようで、未来展望がしっかり見えている先生です。

そのため一番利益が出る店舗を事業売却(M&A)し、その他の店舗を順次、黒字化及び売上を伸ばすように尽力しながら、生まれた利益で完全自費型の治療院を経営されるようです。

さらに、既存店舗の売上が利益の最大化できた時に事業売却(M&A)を行う意向をもってらっしゃいます。

数店舗経営されるぐらいの能力を持っている方は、労力を減らし一店舗への力のかけ方を変えれば黒字化するのは容易であるし、売上を伸ばすことも難しいことではありません。

ここまで用意周到な判断ができているのは、現在の整骨院業界と将来の整骨院業界を的確に捉えているからこそ行える決断です。

整骨院店舗を事業売却(M&A)は今を逃せば後の祭り

「何か新しいことをする労力が面倒だからまだ大丈夫だろう」と考えて放っていたりすると、後の祭りになってしまうでしょう。

介護事業に参入し、初期段階では波にのったものの、国の政策の変化についていけずに全て撤退した大手飲食チェーンのように今の整骨院業界も苦しい時期を迎えます。

そんな時を見据えた上で「今」行動することが重要です。

事業売却(M&A)は需要が見込めているのに、売却したい優良な整骨院が極端にすくないため、売却益が高値に設定されています。

しかし、今後、整骨院業界のあらゆる事実に気づき始め撤退が増加してくる時期になると、売却したい整骨院が増えてきます。

供給側が増えることになるので、買い手を見つけるのが困難になり、売却益も減少していくことでしょう。

そんな日が来れば、事業売却(M&A)も確かな成功法ではなくなる時がきてしまいます。

これからの整骨院業界は、通常の整骨院を行う個人商店のような所は減少していきます。

今までの通常の整骨院は大手企業が占有していくことになるでしょう(これからの整骨院業界は大手企業が牛耳る時代に ~これからの整骨院業界の渡り方~)。

その中での生き方は、独自の技をもった完全自費型の治療院の形をとっていかなければ経営上難しくなっていきます。

とはいえ、いきなり完全自費型の治療院を作ったとしても、患者様を集められるまでに時間はかかりますし、技を身に着けるだけの時間が必要になると思います。

諸々のことを考えれば、事業売却(M&A)を今のタイミングで行って、売却益でランニングコストや出店コストを賄い、将来の変化に対応していかなければなりません。

早い段階で目を覚まし、しっかり対処できる方々がこれからの整骨院業界を生き抜いていくことでしょう。

そもそもの話をすれば、完全自費型の治療院を作った方が、その方の夢をかなえる形ではないでしょうか。

あなたが柔道整復師になったのは、何故だったのか思い出すいい機会だと思います。

整骨院経営の大半の悩みを解決する事業売却(M&A)

なかなか、整骨院の事業売却(M&A)といっても業界的に馴染みが薄いため、抵抗があるかもしれません。

しかし、整骨院業界の現状と未来について気づき始めている先生方は、次々と事業売却(M&A)によって経営転換をしていっています。

事業売却(M&A)を行って、キャッシュを得た後、新たな自分にあった整骨院を経営しましょう。

そのために必要なスキームはM&Aから新規出店の流れまでご相談に乗れますので、具体的な計画をたてたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

もし開業前であったなら、5年間で粗利1億円を稼ぎ出す方法さえもあります(「10坪4床5年間で粗利1億円を稼ぐ整骨院の作り方」)。

もし開業する前や、開業後まだ日が浅くて悩んでいることがあったら、弊社LINEアカウントまでご相談ください。

開業支援のコンサルティングも提供しております(相談は無料)。

事業売却(M&A)は整骨院業界にはまだまだ馴染みのない経営手法かもしれませんが、業界の状況などに気づいた整骨院オーナーの方々は次々と事業売却(M&A)を進めています。

その後は、その数千万のキャッシュをもって新たな整骨院を開業したり、別の事業へと進出しています。

しっかりとしたキャッシュを得た上で、自分のやりたいことへチャレンジすることができます。

今すぐ事業売却(M&A)への道を検討してみてください。

新規出店時から、赤字店舗の立て直し、事業売却の支援まで一貫してコンサルティング致しますので、整骨院経営に関わるすべてをご相談ください(弊社LINEアカウントまで)。

整骨院業界の事業売却(M&A)の流れはとまらない?!

整骨院店舗における事業売却(M&A)は頻繁に行われていることです。

しかし、数十店舗規模のものが多く、馴染みがないのでしょう。

今後は整骨院は居抜き売却ではなく、大手へ事業売却をしていく時代に変わってきます。

整骨院の雇用制度などの実際を考えていくと現在の構図には無理があります。

それらを解消する為にも、資金力のある企業に経営を委ねるという方向性は加速してきます。

保険治療から自費治療のメニューに業界が変わっていくことも「柔道整復師」の本質を考えれば、当然の流れだと言えます。

しかし、その変化のために、現状をベースとした整骨院から移行していくという考え方は適切ではありません。

一度、保険治療の整骨院は事業売却した上で、自分自身の思い描く、完全自費治療型の治療院を開業するというのが最も適切な方法です。

それなりの売上を健全に行っている整骨院であれば1.000~3.000万円/店舗ぐらいのキャッシュと無限の可能性が得られます。

整骨院のM&Aについて詳しく知りたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院で「雇用をする」とは、どういうことか理解していますか?
整骨院経営を売却することは吉とでるか凶とでるか
整骨院勤務に不満を感じたら開業しよう! ~開業に自己資金は不必要だという事実~
整骨院経営者向け返済不要の開業資金調達方法
自費治療型整骨院を開業する方法
整骨院経営を売却する時に考える事

最新記事のチェックにフォローしよう