運営・経営

整骨院店舗の経営が苦しくなったら事業売却(M&A)をして1億円ぐらい稼ぎましょう。

整骨院店舗の経営が苦しくなったら事業売却(M&A)

整骨院経営に行き詰まっている経営者はたくさんいると思います。

何も黒字経営しているからと言って悩みがないわけではないでしょう。

それは、

・雇用の問題
・スタッフとの人間関係
・拘束時間の問題
・収入の問題

など挙げ始めたらキリがないでしょう。

整骨院経営の売上においては単純で、

「一人当たりの単価を上げる」、「一人当たりにかける施術時間を少なくする」

ことが大切なことです。

しかし、誠実に夢をもって「柔道整復師」になった人であればあるほど、反対のことをしたくなるのが人情というものかもしれません。

しかし、それでは整骨院店舗の経営は成り立ちません。

一人に対する施術時間を減らし、単価を上げることを求めなければいけません。

そのためには、

・治療の価値を高める
・施術者の価値を高める

以外に方法はありません。

整骨院店舗が売上を上げるために必要なこと

しかし、その「価値」とはなんでしょうか。

「価値観」という言葉があるように人によって「価値」の内容は変わってきます。

そのため、「万人が価値がある」と思えるようなことをし続ける必要があります。

しかし、これはすべての「柔道整復師」ができることではありません。

その結果、できるだけ施術時間を長く、できるだけ単価を安くして提供することになります。

これでは自分の首を締めるだけです。

自分の首を閉めれば当然苦しくなります。苦しくなった果ては、倒産です。

一番楽な方法をとってはいけません。

とはいえ、これは本人の努力ではどうしようもない部分が多い業界だともいます。

多くは、保険内での治療がメインになるため、経営基盤の多くを国の判断にゆだねている部分があります。

そのため、勝手に診療価格を変えられないし、厳密なことを言えば、自費治療も不正と言える形で経営している所が大半です。

では、そんな現状を変えるために適した方法とは何でしょうか。

それは

今の経営が数字上うまくいっている間に「事業売却(M&A)」してしまうこと

です。

間違っても「不正」という2文字が浮かんできてはいけません。

経営を継続するために「不正」をしているようではあなたの価値は下がる一方です。

現状を受け入れた上で事業を離れる決意をすることです。

それができれば次の事業は成功するでしょう。

「事業売却(M&A)」によって得た売却益を元に、完全自費型の治療院をつくるも、リラクセーション店をするも、ほかの事業に取り組むのもいいでしょう。

今のままの「いわゆる整骨院」では経営が立ち行かなくなる時が必ずきます(あなたは今の整骨院を40年間続ける自信がありますか?)。

仮に「事業売却(M&A)」という選択肢をとらなくても他の手段を考えているでしょうか?(整骨院店舗の事業売却(M&A)は今が売り時!)

整骨院経営の大半の悩みを解決する事業売却(M&A)

事業売却(M&A)を行を行えば、大半の悩みを解決してしまいます。

雇用問題に懸念を抱かれる方も多いのですが、基本的に「売却先」になる企業はあなたより大手の企業であることが大半です。

また事業売却の交渉時に、スタッフの雇用環境の改善を依頼することも可能です。

すると、現金な話ですが、スタッフの心は、「売却先」へと傾いていってしまうものです(笑)

当然、雇用が安定に向かうわけなので、断る理由は特にありません。

そのため、現在の整骨院のオーナーであるあなたは、事業売却(M&A)によって得た売却益で、新たな整骨院をつくりましょう。

そのために必要なスキームはM&Aから新規出店の流れまでご相談に乗れますので、具体的な計画をたてたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

もし開業前であったなら、5年間で粗利1億円を稼ぎ出す方法さえもあります(「10坪4床5年間で粗利1億円を稼ぐ整骨院の作り方」)。

もし開業する前や、開業後まだ日が浅くて悩んでいることがあったら、弊社LINEアカウントまでご相談ください。

開業支援のコンサルティングも提供しております(相談は無料)。

事業売却(M&A)は整骨院業界にはまだまだ馴染みのない経営手法かもしれませんが、業界の状況などに気づいた整骨院オーナーの方々は次々と事業売却(M&A)を進めています。

その後は、その数千万のキャッシュをもって新たな整骨院を開業したり、別の事業へと進出しています。

しっかりとしたキャッシュを得た上で、自分のやりたいことへチャレンジすることができます。

今すぐ事業売却(M&A)への道を検討してみてください。

新規出店時から、赤字店舗の立て直し、事業売却の支援まで一貫してコンサルティング致しますので、整骨院経営に関わるすべてをご相談ください(弊社LINEアカウントまで)。

整骨院業界の事業売却(M&A)の流れはとまらない?!

整骨院店舗における事業売却(M&A)は頻繁に行われていることです。

しかし、数十店舗規模のものが多く、馴染みがないのでしょう。

今後は整骨院は居抜き売却ではなく、大手へ事業売却をしていく時代に変わってきます。

整骨院の雇用制度などの実際を考えていくと現在の構図には無理があります。

それらを解消する為にも、資金力のある企業に経営を委ねるという方向性は加速してきます。

保険治療から自費治療のメニューに業界が変わっていくことも「柔道整復師」の本質を考えれば、当然の流れだと言えます。

しかし、その変化のために、現状をベースとした整骨院から移行していくという考え方は適切ではありません。

一度、保険治療の整骨院は事業売却した上で、自分自身の思い描く、完全自費治療型の治療院を開業するというのが最も適切な方法です。

それなりの売上を健全に行っている整骨院であれば1.000~3.000万円/店舗ぐらいのキャッシュと無限の可能性が得られます。

整骨院のM&Aについて詳しく知りたい方は弊社LINEアカウントまでご連絡ください。

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院の開業には迷わないことが大切です。
整骨院経営者がこれからの時代に考えなければいけないこと
整骨院を繁盛店にする方法
整骨院の経営を辞めて5年間で資産20億円を創った男の話
整骨院店舗の事業売却(M&A)を「今」行わなければならない理由
整骨院業界は不正の温床になっている ~柔道整復師は何の専門家~

最新記事のチェックにフォローしよう