運営・経営

整骨院店舗の事業売却(M&A)は今が売り時!

整骨院店舗の事業売却(M&A)は今が売り時

整骨院店舗を事業売却(M&A)によって取得しようという企業が増えていることをご存じでしょうか。

今や、整骨院店舗の売り時です。

「保険委任払い制度」の問題や、「1店舗あたりの売上の減少」、「整骨院の乱立による患者の分散」などの現状を考えた時、大手企業にってはチャンスだと言えます。

それは、「個人経営者」、「中小企業」にとっては、とても困難な業界になっていくと考えられるからです。

整骨院業界は地域密着型のなくてはならない存在であることは間違いありません。

しかし「中小企業」の運営では薄利多売になってしまった現状では困難が予想されるものの、大手企業には国などの補助が優遇され利用価値が高まります。

これは整骨院業界だけに関わらず、どのような業界でも起こりうる流れで、起こってきたことです。

そして、そのチャンスを敏感に感じている大手企業は、今まさに好機とみて事業売却(M&A)を始めています。

そんな現状を考えれば、

整骨院業界が縮小傾向に陥る前に現在の整骨院を売却し、新たな業界に参入するか、完全自費型の治療院を作り上げるか

が、今後の整骨院の生き残っていく方法です。

>次のページ:整骨院店舗の事業売却(M&A)の市場には追い風が吹いている

運営・経営の関連記事

Contents Menu

整骨院を居抜きで売却しても二束三文にしかなりません
整骨院を売却する前にやるべきこと
整骨院店舗の経営が苦しくなったら事業売却(M&A)をして1億円ぐらい稼ぎましょう。
整骨院経営を開業するための資金について
整骨院店舗を開業したら最も早くやらなければいけいないこと
整骨院経営は副業でする時代

最新記事のチェックにフォローしよう