お悩み相談

柔道整復師が果たすべき役割と責任

柔道整復師が果たすべき役割と責任

柔道整復師が社会的にやらなければいけないこととは何でしょうか。

私も一人の柔道整復師として整骨院を運営し、また経営を通して活動してきた中で、柔道整復師の必要性を考え続けてきました。

そこで行き着く答えは当たりまえのことで

柔道整復師に純粋に求められることは外傷への施術であり、早期回復を目的とした施術をすること

です。

骨折や、脱臼の整復は医師よりもはるかに高い技術を誇ります。

また、特殊な技術を用いて、医師にはできないことをしていく、医師にはできない技術を発揮することを目的としています。

しかし、実情はどうなっているでしょうか。

整骨院という看板を掲げながら、大半の整骨院はリラクセーションサロンと差ほど変わらないマッサージを繰り返し、大半の整骨院がやっているからという理由だけで許される架空請求や水増し請求によって整骨院の経営は成り立っています。

わざわざ年月も費用もかけて取得した国家資格を、あまりに無意味に使用してしまっています。

ある意味、整骨院に対する社会からのニーズがなくなってきている・・・と言えば元も子もありませんが、本当にニーズがないのであればニーズを創ればいいはずです。

自分たちの特性を活かし、現代の世の中で不調に苦しむ人たちの潜在的なニーズを捉え、提供してあげればいいはずです。

柔道整復師や鍼灸師が持っている技術はニーズを生み出せる可能性を備えています。

リフレクソロジーやリラクセーションなどとは異なる、患者もびっくりするような効果が出せる技術を備えています。

明らかに民間資格者とは異なる知識を持っています。

 

そんな貴重な技術を持っているにも関わらず、使わずに、また伝えずにいることは社会にとって大きな損失です。

一つの分かりやすい例で言えば、世界に目を向けてみましょう。

日本の柔道整復師や鍼灸師の技術は、海外では民間療法の域に値するものですが、海外の人間からすればその技術は目を見張るものだという意見が多数出ています。

しかしそんな意見も、現在の日本の中に、今までの常識の中にい続ける限り気づくこともありません。

現代の医療では手術する以外考えられないような症状を、手技一本で治してしまう治療家が存在します。

今まで治らないと言われてきた症状を、手技一本で治してしまう治療家が存在しています。

そんなことは医師にも他の職業にもできません。

現代の世の中で生き抜いていく上で、柔道整復師に欠けていることは何なのか考え、改善するものの、柔道整復師の本来の在り方をぶらさなければ、これだけ整骨院業界が不況と言われても成功する柔道整復師はいなくならないでしょう。

さて、あなたは柔道整復師として社会に何を与えていきますか?

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院経営にはリピートさせない技術が必要不可欠
整骨院の経営は労働対価が悪い業界だと理解していますか?
整骨院経営の課題は「薄利多売」を辞められるか
整骨院経営に保険治療は必要ない
整骨院が大乱立する中で、整骨院・柔道整復師が今後向かっていく方向性とは
整骨院を経営したら思ったような施術なんてできなくて当たり前

最新記事のチェックにフォローしよう