お悩み相談

整骨院経営におけるネット戦略の在り方

整骨院経営におけるネット戦略の在り方

整骨院の経営における営業方法を考えてみましょう。

整骨院経営は、店舗型のビジネスです。

そのため、基本的な営業スタイルは「待ちのスタイル」になります。

そのため、看板を置いたり、張り紙をしたりすることで、患者が来るのを「待つ」というスタイルが一般的です。

しかし、これだけ競合店が増えてしまった整骨院業界において「待つ」だけで経営が成り立つ店舗はほとんど存在しないでしょう。

技術だけで集客できるような人は地域に1店舗あれば良いほうでしょう。

そこで「攻めるスタイル」の営業方法としてインターネットを活用している整骨院がたくさんあると思います。

しかし、100%と言っていいほど活用ができていいないのが現状です。

結果的にホームページは情報を出しておいても、やはり「待ちの姿勢」の整骨院ばかりだからです。

>次のページ:整骨院経営でインターネットを攻めの営業に使わないなら無意味

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院の経営は大手企業でないとやっていけない時代がくる
整骨院店舗を事業売却(M&A)することに踏み切れない方へ
保険の使えるマッサージ屋さんをしたかったのですか? ~整骨院の本質について考えてみた~
整骨院でせっかく働くのだからスペシャリストを目指しましょう ~治療家スペシャリストの目指し方~
今のまま整骨院経営を40年間続ける自信がありますか?
整骨院経営は技術力だけで集客したいなら神業レベルでないと無理

最新記事のチェックにフォローしよう