お悩み相談

整骨院経営におけるネット戦略の在り方

整骨院経営におけるネット戦略の在り方

整骨院の経営における営業方法を考えてみましょう。

整骨院経営は、店舗型のビジネスです。

そのため、基本的な営業スタイルは「待ちのスタイル」になります。

そのため、看板を置いたり、張り紙をしたりすることで、患者が来るのを「待つ」というスタイルが一般的です。

しかし、これだけ競合店が増えてしまった整骨院業界において「待つ」だけで経営が成り立つ店舗はほとんど存在しないでしょう。

技術だけで集客できるような人は地域に1店舗あれば良いほうでしょう。

そこで「攻めるスタイル」の営業方法としてインターネットを活用している整骨院がたくさんあると思います。

しかし、100%と言っていいほど活用ができていいないのが現状です。

結果的にホームページは情報を出しておいても、やはり「待ちの姿勢」の整骨院ばかりだからです。

>次のページ:整骨院経営でインターネットを攻めの営業に使わないなら無意味

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院の不正請求・水増請求は損保会社も国の機関も知っている。
柔道整復師として勤務する優良な整骨院の基準とは?
整骨院経営の課題は「薄利多売」を辞められるか
柔道整復師として言ってはいけないこと
整骨院経営につきものの不正問題の今後
整骨院経営者が従業員の顔色を気にし始めたら事業売却(M&A)

最新記事のチェックにフォローしよう