お悩み相談

整骨院経営が副業になる時代|サラリーマンの整骨院開業

整骨院経営が副業になる時代|サラリーマンの整骨院開業

柔道整復師や鍼灸師は医療系国家資格取得者ですが、整骨院や鍼灸院で勤務していは、なかなか思い通りの給与がもらえず、開業資金の貯金はもとより、人としての生活も圧迫されてしまい、業界を離れ、一般会社員として働く方々が多い現実が存在しています。

しかし、一度は離れてしまった業界ではあるものの、整骨院を開業したい気持ちが捨てられずにいる柔道整復師が多いのもまた真実です。

そんな方には朗報です。

それは、

サラリーマンをしながら整骨院を開業できる時代が来ている

ということです。

会社員をしながら、収入を落とすこともなく、初期費用を実質0円で整骨院を開業し、借り入れた初期費用は返済が不要なため、開業後もゆっくり事業を進めていくことができる方法があります(『整骨院経営者向け自己資金不要・返済不要の開業資金調達方法』)。

そして、開業後も返済に追われることがない利点を最大限に活かし、整骨院店舗の「週末開業」を行います。

施術所用に物件を取得し、会社勤務の終了後と土日のみ開ける整骨院を作り、軌道に乗ってから会社を辞めるという方法を実現できます。

最大のポイントは、自己資金が不要で開業できて、その費用が返済不要だということです。

自己資金が不要で返済不要の開業資金の調達方法が知りたい方は、弊社までお問合せください。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は、打合せ場所を確定の上、面談させて頂きます。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

>次のページ:整骨院経営の多様化が整骨院業界に大ダメージを与える

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

人気の整骨院を経営するという過酷さを知っていますか? ~整骨院店舗を事業売却するという考え方~
柔道整復師として勤務する優良な整骨院の基準とは?
通常の整骨院経営なのに当月分の保険報酬を当月中にもらう方法
10時から仕事を始めて16時には終わる柔道整復師の生き方
整骨院経営で成功している人ほど事業売却(M&A)をする
整骨院経営の数字を税理士に任せると潰れます。

最新記事のチェックにフォローしよう