お悩み相談

事業売却(M&A)が整骨院業界の未来を創る

事業売却(M&A)が整骨院業界の未来を創る

整骨院経営.comでは整骨院を事業売却(M&A)することをおススメしています(『整骨院の失敗しない売却方法まとめ【居抜き/事業売却/廃業】』)。

するとこの話を聞いた整骨院経営者の方からご指摘を頂くことがあります。

それは

「整骨院業界がなくなればいいと思っているのか!」

というものです。

決してそんなことは思っていません。

むしろ今のまま続けた方が整骨院業界がなくなってしまうのではないかという不安を覚えているぐらいです。

整骨院とは、

地域密着の形で、地域の方々の不調を改善する手助けとなるとても重要な役割をになう場所

だと考えています。

そのため、そんな場所を守るためにも事業売却(M&A)を推し進めたいと考えています。

整骨院はある時期を境に乱立し、今ではコンビニの数より増えてしまっています。

さらに整形外科が一般的なものとなった今、整骨院への患者は減り、経営さえも危ぶまれている状況になっています。

それに加えて、不正が明るみになり、一般人からの信用も低下傾向にあり、国の政策としても療養費の削減を提言しています。

どう考えても整骨院業界にとってプラスを感じることができる材料がありません。

では、この後、整骨院業界はどうなっていくのでしょうか。

答えは明白です。

その答えとは

今まで通りの多くの整骨院は大手企業が運営するようになり、一部の技術力をもった治療院には患者が殺到する

ということです。

一部の治療院に関しては全国中から患者が集まる傾向になるでしょう。

今でも既に同じような状況になっている整骨院を数々知っています。

そういった整骨院や治療院は益々患者が集まってくるでしょう。

しかし、反対に減少傾向にある整骨院は、益々減少の傾向は強まります。

ここに記したような整骨院業界を予想することができたなら、やるべきことは2つしかありません。

それは

・整骨院業界を完全に辞めて別業界に進出する
・全国でも屈指の技術を手に入れる

の2つです。

柔道整復師としてはできれば後者を目指してほしいところです。

とはいえ、どちらをやるにしても早急な結果を得ることは簡単なことではありません。

特に軌道に乗るまでの資金が重要になってくるでしょう。

そこで、その資金を調達する手段として、今まで築き上げてきた資産を使うわけです。

まさしく

整骨院店舗を事業売却(M&A)し売却益をもとに新規事業に挑む

という形です。

事業売却(M&A)が何なのか分からない人はすぐに勉強してください(『「居抜き」での売却と「事業売却(M&A)」の違いをおさらいしましょう。』)。

居抜きで売却しようとすると、大した金額にもならず中々売却できないことは、一度調べてみればすぐにわかると思います。

今のタイミングで事業売却(M&A)すれば思った以上に迅速なスピードで、そして居抜きでの売却よりも数十倍の金額で売却できることに気づくはずです。

弊社への問合せの流れとしては、実際の店舗を見なければどうしても具体的には申し上げにくいことから、まずは初回無料コンサルティングを受けることをおススメします(別途:交通費が発生します【東京都内は無料】)。

開業前の方は、打合せ場所を確定の上、面談させて頂きます。

初回無料コンサルティングを受けたい方はコチラの問合せ窓口まで。

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院店舗を事業売却(M&A)することに踏み切れない方へ
整骨院業界の不正請求に対して国が動き始めているのに気づいていますか?
整骨院経営の終わり方は3つだけ~次につながる廃業方法
柔道整復師・鍼灸師の「優良」な整骨院・鍼灸院の見つけ方
通常の整骨院経営なのに当月分の保険報酬を当月中にもらう方法
整骨院を生きるための手段に選ぶのは賢明とは言えない

最新記事のチェックにフォローしよう