お悩み相談

あなたは整骨院を経営していこんな不正を繰り返していませんか? ~業界の再編は近い~

整骨院の不正の事例

先日こんな事件が報道されました。

整骨院保険金詐欺:容疑で3人を逮捕--⚪︎⚪︎⚪︎⚪︎署 /東京

詳細はこのような内容です。

整骨院で治療を受けたように装い保険金をだまし取ったとして、〇〇署は23日、〇〇区の整骨院「〇〇鍼灸(しんきゅう)整骨院〇〇院」経営の、〇〇及び同院勤務、〇〇の両容疑者ら3人を詐欺容疑で逮捕したと発表した。逮捕は21日。

逮捕容疑は2011年9~10月、〇〇容疑者が同院で治療を受けたとする虚偽の書類を作成し、保険会社から〇〇容疑者が管理する口座に計3回54万円を振り込ませて詐取したとしている。

同署によると、3人は容疑を認めているという。

〇〇容疑者は同5月にバイクの交通事故に遭い、他の医療機関を受診したが、同院では治療を受けていなかったという。

上記は特定ができないよう、関係する署、地名、名前は記載していませんが、実例で上がったものです。

何が言いたいかというと、しっかりとした技術を持って、法律的にしっかりとしたことをしていれば、上記のような事件は発生しなかったということです。

これからの整骨院業界は、様々な規制や経営が厳しい現状に追い込まれていくかもしれません。

これから整骨院業界は再編されていく

次々と不正している整骨院などが上記のように逮捕されていっている現状から考えると、業界の再編が始まっているといえます。

そんな時に、しっかりとした施術、技術を持って患者さんがいるから経営ができるんだという心を持っていかなければならないと思います。

そして、それは逆に本物が残っていく時代になったといえることから、さらに差別化の要素が光ることになるはずです。

我々は、患者様の不調をしっかりとなおす仕事でなければ、患者様はどんどん来なくなるのが当たり前です。

それは、「不調な人が治った時に紹介として連れて来てくれる患者様で来院者が増えていく」、という本質が見えてこなければ成り立たない職業だということです。

万が一、このステージへと昇り詰めることができないのであれば、業界に居座ってはいけないのです。

業界から離れたとしても、必ずマッチングする仕事がやってきます。

柔道整復師という資格、鍼灸師という資格にしがみつかず、自分の姿にしがみつき胸を張って生きていける生き方をしてほしいと思います。

整骨院の不正問題はなかなか無くなりません。定期的に上記のような事件がメディアを賑わせます。

柔道整復師として胸を張って生きていくのであれば、自己の研鑽をする必要があります。

事件になるような、行為によって業界全体が、悪とされてしまうのはとても悲しい現実です。皆さんでこの業界を綺麗にしていきましょう。

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

整骨院経営は副業で開業するのが主流になる時代がくる
マッサージ程度の施術をする整骨院が増え続ける理由
整骨院経営には売上よりも現金が大事だと理解すること
整骨院経営は失敗を前提に考えることがベスト
整骨院経営に保険治療は必要ない
整骨院の事業売却(M&A)するのに大きい小さいは関係ありません

最新記事のチェックにフォローしよう