お悩み相談

整骨院の事業売却という考え方をもとう。 ~あなたの整骨院はただの肉体労働になっていませんか?~

あなたがやっているのは肉体労働

芋洗い整骨院とはなんでしょうか?

それは整骨院を経営している方であれば、誰もが知っていることです。

仮に知らないのであれば、一度知ってみることも大切だとは思います。

それは、

短時間で患者の施術を終わらせ、次から次へと施術する、患者をどんどんぐるぐる回すような整骨院のこと

です。

どうでしょうか? 経験したことありますよね?

しかし、ここで一つ考えて頂きたいことがあります。

それは、

このような整骨院をやりたくて開業したのでしょうか?

ということです。

この芋洗い整骨院を続けていることは、ただただ肉体労働を続けているのと変わりありません。

本来は、患者さんの気持ちを親身になって聞き、その患者さんに合った治療を施し、喜んでもらうことを目的として開業した方がほとんどではないでしょうか。

それが、こと「経営」となると芋を次から次へと洗うような整骨院と化してしまった現実があり、これはなかなか抜け出せません。

患者1人あたりの単価が低いため、どうしても沢山の患者を施術しなくては経営が難しくなてきます。

そういったサイクルに入ってしまうと、今度は単価をあげようにもなかなかあげられない状況となってしまいます。

自費治療を取り入れて、単価を上げようという動きが主にとられる策かとは思いますが、中々うまくいった例を現実では聞きません。(『自費治療導入はだいたい失敗に終わります ~普通にすることのススメ~』)

こうなってしまったら方向修正が困難になります。

芋洗い整骨院を卒業しましょう

しかし、そんな時にいっきに様々な問題を解決する方法があります。

それは、

「事業売却」

という考え方です。

考えてみたことはありますか?

整骨院の先生の中では「売却」というと、閉院を迫られた後ろ向きなイメージをもたれているかもしれませんが、「事業売却」となると話は違います。

先生ご自身が思った通りの整骨院ではなかったしても、買い手側からすると、願ってもない繁盛整骨院を購入できるのは嬉しいと思っていることはよくあります。

もちろん買い手は買い手で戦略がありますので、うまく経営していくでしょう。

ですので、特に悩む事もとくになく、思い切って売却がベストな方法だと思います。

そしてその経験と売却益として得たキャッシュを元手に、自分の本当にやりたい整骨院を作り上げるのです。

自費のみの治療院でも構わないでしょう。

芋洗い整骨院とはいえ、そこまで作り上げた事はある意味成功です!

思ったようなものでなかったにせよ、世間一般的には成功事例なので、そんな素晴らしい整骨院は買い手がすぐにつきます。

思い描いていないものだった整骨院を継続するのか? 思い切って次のステップに進むのか?

それはあなた次第です!

お悩み相談の関連記事

Contents Menu

第8回柔道整復療養費検討委員会の内容に関して整骨院経営.comが思うこと
整骨院経営は失敗を前提に考えることがベスト
不正が当たり前の業界で働きたい人間なんていない ~整骨院業界に不正がはびこる理由~
整骨院を開業して人気店になったら事業売却(M&A)
整骨院経営を売却するメリット
整骨院経営を続けたければ医者との差別化をせよ

最新記事のチェックにフォローしよう