自費治療

整骨院が自費治療を導入する前にやるべきこと

整骨院の自費移行の大半は失敗に終わる

最近の整骨院業界は店舗の乱立や療養費の削減などにより、単価は下がり集患数も減っています。

そのため、新たな患者の集客や単価を上げるために「自費治療」を導入する流れが生まれています。

しかし、「整骨院経営.com」は整骨院の「自費治療」の導入はお勧めはしません。

理由は簡単で、

整骨院は自費治療を導入しても大半が失敗に終わるから

です。

自費治療に移行していくのであれば、ハードルは高く「感じる」かもしれませんが完全自費型の治療院を創ることをおススメします。

「感じる」と書いたのには理由があります。

実はそこまで難しいものではなく、仮に整骨院で自費治療を行って上手くいくなら100%完全自費型の治療院は成功するでしょう。

整骨院の自費治療が失敗に終わる理由は簡単です。

それは

整骨院の治療と自費治療というのはそもそも畑違いだから

です。

整体やカイロといた完全自費型で行うサロン形態の店舗は、1年以内に9割の店舗がなくなってしまうと言われるほどの激戦区です。

仮に営業がうまく行ったとしても月商100万円前後が関の山です。

そんな業界に畑違いの整骨院が片手間で参入し、勝ち残るのは至難の業です。

さらにもう一つ、上手くいかない最大の要因があります。

それは

普段は数百円の窓口料金の支払いで施術を受けている患者が、急に自費の高額な料金請求や回数券を容易に購入することはないから

です。

一見、経営的なシナジーがあるように感じるかもしれませんが、

大半の整骨院に来院する患者は整骨院を「保険の使えるマッサージ屋」としか思っていない

という現実があります。

「効果が出る」と口で言われても半信半疑になるのが普通です。

整骨院の自費治療導入はそんな疑念を取り払うことから始めなければいけません。

仮に取り除けるのであれば、やはり王道で勝負すれば問題ないでしょう。

>次のページ:柔道整復師なら自費治療は目指すべき

自費治療の関連記事

Contents Menu

整骨院で自費治療型にする時におススメ 「野球肩革命所®肩関節究極メソッド」概要を公開♪
自費治療型の整骨院を経営するために必要なこと
整骨院の自費治療が失敗に終わっていく理由はシンプル
自費治療移行するぐらいなら事業売却しましょう。 ~整骨院店舗の事業売却のススメ~
流行らない整骨院経営をするのがこれからの常識
自費治療導入はだいたい失敗に終わります ~普通にすることのススメ~

最新記事のチェックにフォローしよう