その他

16時間食べない習慣

プチ断食、半日断食という言葉をご存知でしょうか?
丸々1日とか、3日とかを食べないということは一般的な方にはなかなか難しいようです。

ところが、1日のうちの睡眠時間を活用し15時間程度食べないという方法は

細胞の活性化

につながるようです。
細胞内に滞ってしまっている悪いタンパク質や細菌等の除去に一役かうようです。

朝食を7時にとり、昼食を14時くらいにとり、夕食はなしとすると次の日の7時まで17時間の間が空きます。
夜の食事が多い時はこの時間割をずらすことで可能となります。

という食事を行うことで、体が軽くなって、倦怠感が解消されたり、調子が良くなったりと色々な体に対しての良いことが起こるようです。

実際に満腹は非常に体に負担がかかることは有名ですが、ちょっとした生活習慣の考え方の切り替えによって、体調も良くなるかもしれません。

自己の体のメッセージにしっかりと耳を傾けて、体の声に従えるような敏感な感覚になることも悪くはないと思います。

1日3食という常識があっているのかも疑わなかったこれまでではありますが、そういったことも含めて

常識を疑う考え方を持ち選択肢を増やしておくこと

も大切になってくることでしょう。

思考できることは自分自身でも余裕を作るということになります。
考えてみましょう。

その他の関連記事

Contents Menu

整骨院経営.comを創設した理由 part1 ~10坪ベッド4床 5年で粗利1億円を実現する方法~
整骨院経営.comを創設した理由 part6 ~10坪ベッド4床 5年で粗利1億円を実現する方法~
整骨院経営.comを創設した理由 part4 ~10坪ベッド4床 5年で粗利1億円を実現する方法~
自費売上を制することと税金をしっかり対策することがこれから生き残るための唯一の方法なのか!?
患者に教えたい余命宣告の嘘
16時間食べない習慣

最新記事のチェックにフォローしよう