集患・集客

パーソナルトレーナーとの差別化をするために必要なこと

整骨院業界で働く柔道整復師や鍼灸師の方々の傾向を私なりに考えていくと、それまでの苦労や労力、金銭的なことを考えても、

民間資格者(トレーナーやエステ、整体、リラクセーションなど)

には負けたくないという考え方があるように思います。
もちろん私もそうでしたし、今もそう思っています。

しかし、整骨院とはいえ、第一に経営を考える必要があります。
そうした時、絶対数として患者さんにきてもらう、認知してもらうなどなどが必要となります。
そんなこんなで、

最適な方法

は何かないかと考えていくうちに、ある方法が思い浮かんできました。

民間資格者の方々と対抗せずに

民間資格の土俵を使う

という方法です。
知識量を考えていくと土台として民間資格に比べると国家資格の方が当然ボリュームが大きいに決まっています。

例えば、パーソナルトレーナーの土俵で相撲を取るには、ダイエット、体づくりの分野に関して、より難しい知識、理論を打ち出して、自己ブランディングを図るという方法です。
使う媒体は今の時代は当然

SNS

を使います。
このSNSを使って、相手の土俵で相手を上回る知識量で自己ブランディングを行い顧客獲得を目指すという方法です。

患者さん目線で考えると、自分の体に関する内容ですので、より正確により多くの知識量のある人、結果の出る人のアドバイスを受けたいに決まっています。
それを自己分野での知識量の公開ではなく、パーソナルトレーナーなどの民間資格者の土俵に入っていくという方法です。

民間系は特に内科的な考え方が非常に勉強できていない傾向にあると思うので、この分野を使うという方法が引き込めると思います。
内科的な観点から、骨格筋や神経的な部分を紐解いて説明できるといいと思います。

最近の整骨院業界は戦場ですから一人でも多くの患者獲得と、他業種との差別化も含めて急務であると思います。

コンサルティングのご希望はヒヤリングシートまたはLINE@までご連絡くださいませ。

集患・集客の関連記事

Contents Menu

整骨院の最も簡単な集客方法
整骨院経営を右肩上がりにさせるには方法は1つだけ
本気で整骨院経営を続けたければ町内会に参加せよ!
パーソナルトレーナーとの差別化をするために必要なこと
整骨院の自賠責患者の集患・集客のシステムが誕生しました。 ~整骨院業界健全化の第一歩~
整骨院が交通事故での自賠責患者を増やす方法 ~その不正の末路を考えたことはありますか?~

最新記事のチェックにフォローしよう