M&A情報

整骨院を事業売却(M&A)したいのにできない人の特徴

あなたが整骨院を事業売却しない理由はなんですか?

整骨院経営.comでは、整骨院の事業売却を推奨しています。

すると自然に事業売却(M&A)にまつわる相談を日々受けることになるのですが、様々な理由から事業売却(M&A)したいけどできない・・・といった悩みを抱えている人に出会います。

しかし、意外とその悩みというのは簡単に解決できてしまうものばかりです。

そんな悩みに引きずられて、苦しい状況で経営を続ける必要はありません。

よくある悩みとしては、

・スタッフの雇用の問題
・借入の返済がまたかなり残っている
・職がなくなってしまう
・患者を見捨ててしまうこと

などでしょう。

真面目な方であればあるほど、上記のような悩みは尽きません。

しかし、それを理解した上ではっきり申し上げます。

それらの悩みはとり越し苦労でしかありません。

例えば、事業売却(M&A)によって、購入する側の企業が規模的にもあなたの会社よりも安定的な企業だったらどうでしょう。

スタッフには社会保険をかけていますか?

ボーナスはありますか?

昇給はありますか?

事業売却(M&A)を考えた時、買い手側の企業というのは、ほとんどのケースにおいて、買い手側の企業規模が大きくなります。

現金一括で購入ができるほどの企業なので、雇用の面は間違いなく今よりも良くなるでしょう。

少なくとも下がることはありません。

あとはどれだけスタッフがあなたのことを好きか・・・という問題ですが、おそらくあなたが考えるほどでもありません(笑)

借入が多く残っているのであれば、その借入を売却益で返済し、次の事業が軌道に乗るまでの期間のランニングコストぐらいは稼ぐことができます。

職は技術職なので再就職もできます。

患者もあなたが考えているほど、あなたでなければならないとは思っていません。

困ったように感じるのは最初の1か月程度です。

本当に患者のことを考えるのであれば、しっかりと引き継ぎさえできればそれほど患者の数も変わらず引き継ぎが可能です。

>次のページ:なぜ整骨院経営.comが事業売却(M&A)について語れるのか

M&A情報の関連記事

Contents Menu

整骨院を事業売却(M&A)したいのにできない人の特徴
整骨院経営で不正なんてしたくない! ~若手の柔道整復師の心からの叫び~
整骨院経営者で従業員の顔色をうかがい始めたら事業売却(M&A)
整骨院店舗の事業売却(M&A)をするなら今が旬 ~これからの整骨院の第一歩は事業売却にある~
整骨院の事業売却の全貌を大公開 ~店舗売却と事業売却は違います~
整骨院店舗の事業売却(M&A)って聞いたことありますか?

最新記事のチェックにフォローしよう